オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 聴きたい音楽(6)「Hawaiian Slack Key Guitar Masters」:追記あり

<<   作成日時 : 2004/06/12 21:27   >>

トラックバック 1 / コメント 4

画像
このCDを手にいれたのは、もう何年前だろう?
当時、日本では売ってなかったんだけど、
今は日本でも手に入ると思うんだけど・・・?

Hawaiian Slack Key Guitar Masters
ハワイアンときくと、プールサイドやビーチで聞こえてくる「スチールギター」の演奏や、フラダンスと一緒に聞こえてくる音楽のことだと思ってしまう人が多いと思いますが、この「Slack Key Guitar」はそれとはちょっと違います(あ、そういう感じのも入ってますけれど)。Hawaiiの伝統的な音楽を生ギターで演奏したインストルメンタルのみの曲集になっています。
Mastersというのは、そういう伝統的なHawaiiの曲のみを演奏し歌を唄っている人たちのことらしいです。11人のMasterたちのCDから1曲ずつ選曲して、収録した曲集になっています。
「Slack Key」というように、普通のギターのチューニングとは違っています。例えば(D-G-D-G-B-D)というふうに書いてあるのですが・・・どうやっておさえるんだろう・・・?普通のチューニングで耳コピーしたことがあるのですが弾きづらかったです(あたりまえ!)

空気感が違うといいますか、あきらかに日本とは違う風土で生まれた音楽であることがわかります。南の島に行ったことがある方ならなんとなくわかってもらえるかと思いますが、空港から外に出た瞬間空気が違いますよね?そんな感じにひたれる音楽でもあります。

特に3曲めの曲が大好きなのですが、説明書きによると「ハワイの人たちが愛する原生植物や野生の動物が生息するGreatPowerを持った土地を、USAが爆撃の練習に使っていることを哀しむ」想いからMosesKahumokuという人が1978年につくったものらしいです。
自然を慈しむ想いにあふれている、とても美しい曲調のものです(マイナーではないんです)。そして、その後USAによる爆撃は止められ自然は保たれたようです。

その土地で生まれ育った音楽が好きな私がお薦めする、リラックスできるタイプの音楽です。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=104312&GOODS_SORT_CD=101
             ↑
※と、いうわけでTOWERのサイトから買えることもわかりました(6月27日)
 試聴もできるのですが、音の感じが大分違います(涙)

※このCDの7,9曲目に入っているKeolaBeamerも「なごむ」ためにはもってこいの
 曲調なのですが、CD「MOE'UHANE KITA 英題"Tales from the Dream Guitar"」
 もお薦めです。
 ゴンチチレコメンドにも、MosesKahumokuとKeolaBeamerの二人の曲は入って
 ましたのでSlackKeyでは有名な方々なんでしょうね。
 2枚とも、Dancing Cat Records レーベルです。(7月6日)

                                     (2004.06.12)
                      




Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
聴きたい音楽(7)Keola Beamer:Hawaiian Slack Key Guitar
う〜、暑い日が続いてますよね〜。 と、いうわけでここのところ「Slack Key Guitar」ばかり聞いています。 Slack Key Guitarとは、私の前述blog 「聴きたい音楽(6)「Hawaiian Slack Key Guitar Masters」:追記あり」で書いたHawaiiの伝統的な音楽のことなのですが、このblogの追記でご紹介した7、9曲目を弾いているKeola Beamerのソロアルバムが今回のお薦めです。 英題「Tales from the Dream... ...続きを見る
オクターブの共鳴音@WebryBlog
2004/07/24 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
D-G-D-G-B-Dの調弦は、知っている曲の中では思い浮かばないです。
ヨークのサンバースト(村治さんがアリオンのCMで弾いていた曲の1つ)
は、@弦がD、E弦がD。
バリオスの悲しみのショーロ、ロンドンの想い出は、D弦がG、E弦がD。
E弦だけDはたくさんあります。
あとは、リュートやビウエラの曲をギターで弾くとき変則調弦することもあ
りますが。
早速このCDもさがしてみよう。(04.06.13)
prelude
2004/07/18 22:58
いつもコメントありがとうございます。クラシックでも変則調弦することが、そんなにあるんですね!わぁ〜、びっくりしました。ナルシソ・イエペスを弾きたい!と思ったこともあるのですが、あの方も難しいこをやっていそうで未だ挑戦したことはないのですが(笑)このCD、以前は見かけたんですけど、今は見つかるかしら・・・?(汗)見つからなかったら、ごめんなさいですm(_ _)m (04.06.13)
オクターブの共鳴音
2004/07/18 22:59
今、渋谷から帰ってきました(6月26日(土))。渋谷のTOWERの5F、WorldMusicのHawaiianのコーナーのSlackKeyGuitarのところに、このCDがおいてありました(¥1,775)そろそろ季節的に再入荷するかなぁ〜と、思って行ったのですがやっぱり入ってました。TOWERで探せば、見つかるかもしれませんm(_ _)m(04.06.26)
オクターブの共鳴音
2004/07/18 23:00
お気使いありがとうございます。まだツタヤしか行っていないので。
HMVにはあると思います。購入したら、また感想を書きますね。(04.07.06)
prelude
2004/07/18 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聴きたい音楽(6)「Hawaiian Slack Key Guitar Masters」:追記あり オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる