オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 侮れない食玩:「楳図かずおの世界」:へび少女

<<   作成日時 : 2004/08/22 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
また、すごいヤツを見つけてしまいました。

「楳図かずお」といえば、皆さん何を思い浮かべますか?

「ミイラ先生」「へび少女」「赤んぼう少女」「アゲイン」「漂流教室」「まことちゃん」・・・・・このあたりが最も多いでしょうか(笑)

怖いですよね〜、この人の絵。
「ぐわし」も練習したような・・・
ご本人はかなりユニークな方でいらっしゃいますが・・・(笑)

Furuta 20世紀漫画家コレクション8「楳図かずおの世界」
     彩色済みフィギュア 全9種+シークレット

私てきには、「へび少女」(写真参照)か「漂流教室」怪虫がほしかったので、
一発ででてしまいました(嬉)このテの何が入っているかわからないヤツは
困りますよね〜。重さだけが、頼りになりますから・・・(涙)

へび少女
1966年「週間少女フレンド」(講談社)に掲載。うわばみ(大蛇)に祟られた祖父を持つ洋子とその親友・さつき。可憐なヒロインたちを容赦なくへび女の恐怖が襲う。「ママがこわい」「まだらの少女」に続くへび物恐怖作品。当時の少女読者達を恐怖に震え上がらせ、一大ブームを巻き起こした。
同梱のカードより
あれ?こんなに昔の作品だったんですね?
単行本で見ていたのかな?この作品自体は知らないような・・・?
へびシリーズのどれかを見ていたんですね、きっと(笑)

「Furuta」
http://www.furuta.co.jp/
で、全てのフィギュアがわかります。

ちょっと、ほしくならないですか?(笑)←そうでもない?(汗)

画像※「赤んぼう少女」が実写映画化されたみたいですね。
 しかも監督は、あの山口雄大監督!
 これは、ちょっと見てみたいかも・・・・・!

 『映画「赤んぼ少女」』←オフィシャルサイトです
                              (2008.7.24追記)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはぁ〜。
僕はやっぱり・・・「赤んぼう少女」のタマミお姉さんが衝撃的でした。
ストーリーの最初のほう、まだしゃべる前のニタリ顔が何とも不気味で。
でも確か可愛そうなエンディングなんですよね。
JIN-RHYME
2004/08/23 15:03
こんにちは。
あはは、やってましたね、まことちゃんの 「ぐわし」。あと何故か読んだこと無い筈なのに知ってます、「へび少女」。床をズルズル〜ズルズル〜這ってくるんですよね。
しかしFurutaのHP見ましたけど・・・このお菓子のパッケージすごいですね・・・。小さなお子様向けではないですね。(笑) 「楳図かずおの世界」 を企画したFuruta、侮れない。
MARO
2004/08/23 20:38
JINさん、こんにちは。
「赤んぼう少女」タマミ、知ってらっしゃいましたか!そうそう、あのニタリってやつ怖かったですよね。確かに、この方のストーリーって、実は可哀想な状況のためあぁなってしまった・・・っていうのが多かったですね。だから余計に真実味があって怖かったのかも。日本の怪談ものって、単なるスプラッターじゃなくて、「気持ち」が伴うから怖いんですよね(汗)
オクターブの共鳴音
2004/08/23 21:30
MAROさまも、「ぐわし」やってましたか!わはは。
ズルズル〜って、よく擬態音まで憶えてましたねー!わ〜、思い出しちゃった。こわっ!
最近のこういう食玩は、絶対大人向けにつくってますよね〜っ。付いてるお菓子も直径5mmぐらいの「ラムネ」で、これまた郷愁をさそうタイプのもので・・・(って、今でもこのラムネ菓子売ってますけど(笑))
そうなんですよ、こういう企画を通してしまうところがすごいな、って思うんですよね(笑)
オクターブの共鳴音
2004/08/23 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
侮れない食玩:「楳図かずおの世界」:へび少女 オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる