オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 六本木ライブラリーに行ってきました

<<   作成日時 : 2005/04/02 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
六本木ヒルズの中に図書館があるのって、皆さんご存知でしたか?

(写真は、毛利庭園の桜です。咲き始めたところですね)

実は私もぜんっぜん、知りませんでした。
(とある方から、教えていただきました)
で、サイトを探してみてみたら、結構よさそう・・・?
但し、完全会員制の図書館。

ライブラリー・オフィスメンバー:年一括払い・・・735,000円
ライブラリー・コミュニティメンバー:年一括払い・・・73,500円

コミュニティメンバーだったら、まぁ、いいか?
普通に手に入らない本が手に入り、快適な空間が確保できるんであれば・・・???

と、いうわけで、今日行ってきました。
ワンデーメンバーということで、1,000円払えば特定範囲内は入れるということらしいです。
いえ、4月5日から2,000円に上がってしまうということで、急いで行ってきたんですけど(笑)
49階に図書館があり、40階のカフェでのドリンクタダ券をもらいました。
(49階→2階→1階→40階というように、移動しなければいけないのですが^^;)

コンセプト

「アカデミーヒルズ六本木ライブラリー」は、企業や学校などの組織に頼らないで生きる21世紀の「個人」が、最新の書籍や情報を入手し、ネットワークを築いていくための「場」です。このコンセプトを非常に大切にしているため、あえて法人メンバー制度は設けていないのです。


ふむふむ、そうですか。既存の図書館とは、一線を隔した空間である、というわけですね。
かなり期待して、行ってきました。

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あう〜。
まず蔵書ですが、「舐めとんのか、われぇ(怒)!」という、感じでした(笑)
本を読んできた人間には、到底満足のいく蔵書ではありません。
「強いていえば「キャリア、人生、お金」についての最新の書籍が並んでいる、都市やアートについての本も他のものよりは目立つ、といったところでしょうか」と書いてありますけど、
はっきり言って、本屋さんや普通の図書館で手に入るものより秀でたものは見当たりませんでしたが???

ワンデイメンバーだから、そういうところしか見せませんでした、というのであれば、
それでメンバーになれ、というのもおかしいですよね?
(入る人がいないから、ワンデイメンバーを2,000円にあげたのかな?という感じが?)

それよりは、空間を提供することに重きを置いているような感じがしました。
「家に一人の居場所がない」人や、「狭い空間じゃなく、一人でいられる場所」が欲しい人ですとか。

あと、異業種の人達と知り合える空間というのが、一番のメリット・・・?
ただ、それも普段は、パソとにらめっこしていたり、本を読んでたり、勉強している人に、
突然話しかけるなんて、できるはずもなく・・・・・

ネットワーキングパーティーというものが、催されたようで、出席したメンバーの感想がUPされていました。
やはり、「ものめずらしさ」と「なんだかよくわからない」と「なかなか知らない人と話ができない」と「うさんくさい人が多かった」と「盛り上がりにかけた」というのが、本音かな、と。
勿論、そういう場で「売り込める人」は、そこで知り合った人と仕事を始めたなんて人もいるようです。

「普通じゃ知り合えない人と、話ができた」も、まぁ、その通りだと思うんですけど、それでどうなのか?というのは、個々の資質&ビジョンのはっきりしている人かどうか、という事にかかってくるような気がしますし・・・。

要するに図書館といいながら「本を読むこと」に重きをおいて行くと、がっかりするという、
なんだかよくわからないものになっている感じがします。
出会いを求めて行く or 自分の空間が欲しい、という目的であればOKなのかな?と・・・?

アカデミーヒルズ六本木ライブラリー
こちらがサイトですので、ご覧になって興味をもたれた方は、どうぞ行ってみてくださいね。

こちらのサイトで、蔵書のweb購入ができるようですので、欲しい本があったらこの方法で買えば
いいような感じ?そもそも、図書館といっても、コピーや貸し出しはせず、その場で読むか購入するか、のようですし。

う〜むむむ、どうなんでしょう?こういうのって・・・?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
蔵書と雰囲気が良ければ、月6000円程度別に惜しくはないですけどねー。
図書館って・・・なんていうか、私の中では専門書とか古典とか、個人で購入出来ない(しにくい)ような本が置いてある場所、というイメージがあったのですが、ここは違うのですね。
MARO
2005/04/02 23:20
MAROさま、どうもです〜。
>個人で購入出来ない(しにくい)ような本が置いてある場所
ねぇ、そう思いますよね〜?
なんだか期待が大きかっただけにがっかりしてしまいました。コミュニティメンバーになると入れる場所がもう一つあるのですが、そこに入る為にはもう1,000円払わないといけないんですよー。←なんなんだ^^;?
資格試験のためやお仕事の準備に・・・ということから考えて、ここもあまり期待できないかな?と。
う〜む、何なんだろう?という感じでした。やっぱり空間確保の意味合いが一番強いんですかねぇ・・・。
オクターブの共鳴音
2005/04/02 23:33
こんにちは。
貸し出しが出来ない図書館なんですか。それは知りませんでした。しかも、値段に応じて?メンバーのグレードに応じて「立ち入り可能」な範囲が違うなんて(笑)。
うーん、六本木ヒルズで本を読むと言う「商品」だなあ。
これなら、都立や東大の図書館が古いけれど、いいなあ。
わはは、とても六本木ヒルズ、これで僕は全く縁のないビルになりそうです。
ぬりかべ
2005/04/03 02:12
お〜、ぬりかべさん、こんにちは!
そうですね、「六本木ヒルズで」本を読むことに意味を見出した人が会員になるんでしょうね(笑)
普通の公立の図書館のほうがいいですよ〜。侮れませんよ、公立の図書館!(笑)あ、専門書なら大学の蔵書って手もたしかにありますね。六本木ヒルズも、一度は話の種に行ってみることはお勧めします(笑)
オクターブの共鳴音
2005/04/03 13:16
六本木ヒルズですか・・・・・庶民と無縁のモノだとか・・・・・(オレのような類が入ろうとすれば強制的に排除されるとか? ☆<( ̄□ ̄;)>☆)
ましてやそこで本を手に取り買うなんてあり得ないってわけなのか? やっぱ「かっぱ横丁」だな★ 爆ッ☆
別に大好きな本のためなら金かけることはいとわないが、入れないのなら・・・・・ガックシ・・・・・_| ̄|○

話は180度変わりますが「じゅげぴ」復活したみたいですな
http://pi.jugem.jp/
って今更か・・・・・・・・・・・爆々ヽ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)ノ
っつか、さんざ不具合噴出させておいてでは、使いたいとは思わないな、うむ orz
裏アモン
2005/04/06 07:01
あはは、誰が入ってもいいんですよ「お金」さえ払えば(苦笑)
普通の中高年、老年の方々も入ってましたし。学生さんもいますし。全然、普通。気おくれするか、しないかだけっすよ(笑)ただ、六本木ヒルズはほんっと、迷います。ビルの形が変ですから(笑)

「じゅげぴ」復活?検討してみますね。
オクターブの共鳴音
2005/04/06 07:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六本木ライブラリーに行ってきました オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる