オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりにTOEICを受けて、思ったこと:追記あり

<<   作成日時 : 2005/04/14 00:33   >>

トラックバック 0 / コメント 10

3月27日に3年ぶりにTOEICを受けまして、感じたことなんですけど・・・・・
受けた直後にすぐUPしようかな?と、思ったのですが、この間の土曜日に会った元同僚の一人が
TOEICの試験官のバイトをしているので、彼女に話を聞いてからにしようかな?と・・・・・
(試験官には以前学生さんを使っていたらしいのですが、使えないので学生さんは辞めて社会経験のある人(?)に変えたらしいです)

2001年、2002年そして今年と3回目の受験でした。

出題傾向が若干かわって、ビジネスシチュエーションがほとんどになっていました。
(まぁ、それはそもそもビジネス用の英語のテストなわけですからいいんですけども)
何に一番驚いたかといえば、規則がものすごく厳しくなっていたことです。

2001年のときは、受験票に写真を貼る必要もありませんでした。
→2002年には、写真を貼るのが義務付けられた。
まぁ、これは「替え玉」防止だろうな?ぐらいには思ってまぁまぁしょうがないかと。

そして今年まず受験票が届いて見た時点でびっくり。
受験票A
TOEICテストのスコアが、企業においては昇進・昇格の要件、大学・短大においては単位認定の要件や入試に利用されるなど社会的責任が増大しているのを受けて、TOEIC運営委員会では試験当日のご本人確認を第106回TOEIC公開テスト(2004年月23日実施)よりさらに強化いたしました。
「証明写真1枚(受験票に貼付)」と「公的に自己を証明する写真貼付の身分証明書」の両方を試験当日にお持ちいただけない場合は、会場へいらしてもご受験をお断りいたしますのでご了承ください。なお。写真貼付の身分証明書をお持ちでない方は、試験日までに必ずTOEIC運営委員会へお問い合わせください。

◎諸注意
 6.ペットボトル・ガム・キャンデーなどを含む教室内での飲食はすべて禁止しています。


写真付きの公的身分証明書って、会社員・学生か運転免許証を持っている人以外はないのがあたりまえなのでは^^;?

それに、ガム・キャンデーもダメって、あなた、私なんて初めて受けた2001年3月は花粉症
まっさかりで、いったん咳き込むと止まらなくなってしまう状態だったので、アメを口にほおり
込んでなんとか我慢したのに・・・・・
(今年は、薬が効いていたので大丈夫でした。でも、直前まで鼻をずるずるかんでいる人が
 沢山いましたけど・・・・・)

そして、当日教室に入るときに、写真を貼った受験票と身分証明書と本人の顔の3点を確認して
受付終了。
そしてテスト開始前に、全員席についたところで、机の通路側に受験票と身分証明を置かせ、
また試験官がいちいち顔を確認・・・・・!
(確かに受付したあと、すり替わることもできますが・・・^^;)

席について、受験のしおりを読んで、またびっくり。
(受験者の皆様へお願い)
ここ数年、受験者同士のトラブルが頻発しております。快適な環境を保てますよう、
試験中の発声や、机やイスを揺らすなどの迷惑行為、くしゃみや咳などはできるだけお控え
くださいますようお願いいたします。なお、携帯電話の電源をお切りいただけない場合はテスト
の採点をしない、試験途中でもご退場いただく、今後の受験をお断りするなどの対応を
することがありますのでご了承ください。

!!!!!受験者同士のトラブル多発?????

その他の諸注意・禁止事項について
問題用紙・その他資材への書き込みは全て禁止です(解答用紙の所定の欄を除く)。書き込みを見つけた場合は、リスニング・リーディング中に関わらず試験官が注意いたします。
・TOEICテストの開発・製作機関であるEducational Testing Service(ETS)は書き込みを
 カンニングや問題の漏洩につながる行為と位置付け全面的に禁止しています。
・書き込みは、メモをとる、線を引く、○・×・レ などの印をつける等の全てを含みます。

ええ〜っ!
最初受けたときは、書き込みの制限なかったような・・・・・?

う〜・・・・・
「テストのスコアが、企業においては昇進・昇格の要件、大学・短大においては単位認定の
要件や入試に利用されるなど・・・」という事が原因なんでしょうね・・・・・
受ける方々が、必死になっていると・・・・・

私の今回の席は前から2番目の試験官のまん前でした。
そして、試験終了後、私の前の人が「ちょっと残ってください。30分程度で済みますので。」
と、言われてたんですよ〜!
いったいあの人は、何をやってしまったんだろう・・・・・?
試験官の目の前ですよ・・・・・

そして、この間、試験官のバイトをやっている友人に聞いてみたら、
確かに前より凄く厳しくなっているそうです。実際、終わってから文句をいってくる人も多いそうで。
ただ、書き込みの場合はその場で注意するように言われているので、
今回の私の前に座っていた人のパターンは、初めて聞いたと言ってました。

以前は英検を持ってることが証明書みたいになってましたけど、今はTOEICなんですね。
でも、Listeningは、今までできない人がいきなりやってできるようになるのかなぁ・・・
※問題数は同じでも、ListeningのほうがReadingより配点が高いものがある
 →必然的に、Listeningのできる人のほうが得点が高くなる
※日本人が英語を聞き取れないのは、日本語とは違う周波数の「音」が英語にはあるため。
 普段聞きなれていない「音」だから聞き取れない ←あたりまえですよね^^;
勿論、毎日、地道な努力をすればできるようになるとは思いますが、3〜40代で今まで必要なかったのに、いきなりスコアをとれ!といわれても、仕事をしながら勉強できるのでしょうか?
会社で、勉強会を開いてくれるならまだいいですけども・・・。
(勿論、そういう会社もあるようです。でもそれだけでは、無理ですよね・・・)

巷には、TOEIC対策本が溢れかえっていますけど、中にはいかがなものか?というものもありますし。

あとTOEICが、英語全般の能力をはかるテストだと勘違いしている人も多いようで。
※TOEIC=Test of English for International Communication
 英語によるコミュニケーション能力を測定するテスト(しかもアメリカンイングリッシュ)
TOEICは国際的なテストではない
英検に1〜4級の4レベルしかなかったころ、もっときめ細かなレベルを測定したいという企業ニーズに応えて、日本がETS(アメリカの非営利テスト開発機関)に作成を依頼し、1979年から実施され、82年には韓国でも試験が行われるようになり60カ国以上で試験が行われているとはいっても、試験の主要な対象が日本人と韓国人であること。よって「日本人と韓国人の弱点を突く問題が出される」のが大きな特徴となっているので、当然、非英語圏全体を対象としたTOEFLやその他のテストとは異なります。
-あるTOEIC本より-
それに、「聞く」「読む」という受信能力をはかるテストなわけですから、TOEICで高いスコアが
とれても、「話す」「書く」ことができる、というわけではないんですよね・・・・・

勿論、TOEICで高得点が取れたら、通訳や翻訳家になれるというわけでもなく・・・・・

※ビジネス上でのコミュニケーションを想定したテストである
 →中、高校生が受けるテストとしては???だと思うのですが。
 →TOEIC Bridgeという、基礎的なコミュニケーション英語能力をはかるテストができた
TOEIC」 ←公式サイトです

なんだかわけがわからないのに、「英語ならTOEIC」みたいに思っている人も多い・・・・・?
わけがわからないのに、勉強させられる人達もかわいそうですけども。
何度か受けたことのある方はご存知のように、その回によって難易度が違いますし、
受ける場所によっても環境が随分違うんですよね。
最初に私が受けたときは、大学の大きな教室で(100人以上入る)、
ラジカセにカセットテープでしたよ?
今回受けた大学も(四ツ谷)、狭いし座りづらいイスでしたし・・・
2回めに受けた短大が一番良かったなぁ・・・スピーカーがBOSEだったし(笑)

なので、会社でどうしてもスコアが必要な方々が「テクニック」を学ぶのも有りなのかな?と。
(本来の英語能力とは違いますが。英語を専門に勉強している学生さんはしっかり勉強してくださいませ〜。でも、そうじゃない人がそこまでやる必要があるのか・・・?)
それより、まず、英語に対する拒否反応や嫌悪感をとることのほうが大事なのかしらん・・・?

情報が沢山ある現在なのですから、効率的に自分にあった勉強法を見つける努力をまずして、
試験会場でトラブルを起こすような「精神状態」で受けなくてすむようになってくれたらいいなぁ、
と思います。

・・・・・う〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか、間違ってないっすか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
TOEICは受けたことがないのですが
えらく厳しいのですね。
しかし、リスニングの試験が未だにテープでされているところがあるとは、びっくりです。TOEFLは受けたことがありますが、あの間延びした「テープ音」に僕は完全に寝たことがありますね。起きたらリスニングの最後の問題でしたが。(笑)そいえば、英検、TOEIC、TOEFL、そして国連英検、ケンブリッジ検定などなど、英語力検定試験はたくさんありますが、どれが一番信頼されているのでしょうか。
ぬりかべ
2005/04/14 22:40
ぬりかべさん、こんにちは。
あ〜、私も会社時代TOEFLを受けたかもしれません(希望者だけ)。なんだか聞き取りにくいお婆さんの話し声とか聞いたような記憶が・・・^^;?
以前は日本国内では英検だったのですが(日本だけの試験と皆わかっている)、今は圧倒的にTOEICなんですよねぇ。ただ、記事に書いたとおりの試験ですのでそれをわかっている人がどれくらいいるのか^^;?日本の受験英語ではスコアが取れないのは確かなので、英検よりは本物の米語(アメリカンイングリッシュ)のビジネス用テストとはいえると思います。留学するならTOEFLですよね。国連英検は子供用の英語教室に通うとジュニア版を受けるところもあるようですが、学校では認知度は低いような?ケンブリッジは英語(ブリティッシュイングリッシュ)で、聞く・読む・話す・書くをテストするよう。こちらは世界に通用する資格のようで。やはり学校や会社では、認知度が低いように思われます。(米語じゃないから一般的ではない?私もよくわかりません、すいません)
オクターブの共鳴音
2005/04/14 23:51
(続き)
それぞれの試験のレベルを比べたものがありました。
http://www.eigogakuin.com/license/index.htm
http://www.cambridge.exam.co.jp/cambridge.htm
各試験の出題の目的、形式、方法が異なるので目安ですが。
TOEICは問題と問題の間の時間が非常に短い上に、2時間集中しっぱなしになるので、ちょっとした音や隣の人が寝てた(笑)なんかも集中力を妨げられたということで、トラブルの元になるようです。受験英語では対応できない事が、(それしかしてこなかった人には)余計不安材料になるのかもしれません。英語自体に苦手意識を持ってる人は、なお更?
何にしろ、目的にあった試験を受けるのがいいのだと思うのですが、どうもTOEICに関してはその辺りを「受けさせる」ほうも「受ける」ほうもわかっていない人が多いような気が私はするのですが・・・。
オクターブの共鳴音
2005/04/14 23:53
こんにちは。
ご丁寧に調べてくださり、ありがとうございます。
ちょっとTOEICなるものを受けてみたくなってきました。2時間集中かあ、BOSE使用のリスニング問題が出るところで受けてみよう。
ぬりかべ
2005/04/15 23:19
あ、ぬりかべさん、こんにちは。
Listening45分、Reading75分の計2時間ですが、Listeningが終わったらReadingをすぐ開始し(合図なし)、Reading3パートの時間配分をうまくやるのもポイントの一つですね。
ぬりかべさんなら、満点近い点が取れそう^^;?
でも、自分で受ける場所は選べないんですよ(笑)
オクターブの共鳴音
2005/04/15 23:41
こんにちは。
>でも、自分で受ける場所は選べないんですよ(笑)
ええーそうなんですか。選べないんですか、場所。それは知りませんでした。てっきり、申込用紙にある場所コードなんかを記入して、自分に近くて、とかそういう感覚で選べるのかと思っていました。うー、Reading75分、内容と量にもよりますが、結構テンポ良くしないと、設問に答えられないなあ。やっぱり、受けてみよう。

PS a bulk of electronical characters is on the way, it will be appearing on the PC soon today or tommorrow.
ぬりかべ
2005/04/17 08:50
こんにちは。
地域だけは選べるんですよー。例えば私なら「東京都」みたいに。でも、その中でどこになるかは、受験票が来るまでわからないんです。設問は多いので、一問2〜30秒で休みなくやってギリギリですね。最初、全部終わらない人が多いみたいですよ。え?本当に受けるんですか?(笑)
>PS a bulk of electronical characters
んん?何かよくわからないですけど、楽しみにしてますわ(笑)
オクターブの共鳴音
2005/04/17 09:41
PS a bulk of electronical characters ・・・
あれ〜?これって、映画のセリフでしたっけ?
「Matrix」?
NeoとMorpheusの「This...this isn't real?」「What is real? How do you define real?」・・・という会話のシーンは良く憶えてるんですけどぉ〜・・・
う〜〜〜〜〜っ、よぉわかりまへん!気になる〜。
(この文章が何を意味するのかがわからないという意味〜!)
オクターブの共鳴音
2005/04/18 22:39
こんにちは。

相変わらず鋭いですね。
いえ、最近、某所にて支離滅裂な書き方をしているので
そのイメージがなんとなくMATRIXの最初の画面というか場面というか、それなんですよ。もう、取りとめもない言葉の連続、なんて。それであんな書き方をしてみたんです。

遅れて御免なさい。
ぬりかべ
2005/04/18 23:32
やっぱり「MATRIX」だったんですね。
・・・soon today or tommorrow. の部分を妙に記憶してて、
最初に読んだ時もそうかな?って、思ったんですけど(笑)
あ〜、わかってすっきりした!
(私も遅れてごめんなさい)

昨日TOEICの結果が来たんですけど、3年ぶりで、その間何にも勉強もしてないし普段使わなければいけない状況でもないんですけど、Totalで10点UPしてました(Listeningが15点UPしてたのは何故^^;?)やはり、ReadingのPartX、Yを失敗していたようです(冷汗)でもTotalが下がらなくて良かった〜(笑)

中山文科省が中学生にゆとり教育のことで謝罪した、を聞いて唖然。国の財産である国民の教育に失敗するのがどういうことになるか、この国を動かす人達はわかっているのか疑問です。
オクターブの共鳴音
2005/04/23 07:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりにTOEICを受けて、思ったこと:追記あり オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる