オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 聴きたい音楽(17)Bonnie Raitt「Longing In Their Hearts」

<<   作成日時 : 2006/02/06 17:01   >>

トラックバック 4 / コメント 6

画像今度のCDは、「やっとボニーも本物のブルース・シンガーになったね」と1991年秋、ブルースの大御所
John Lee Hookerに言わしめた、Bonnie Raittです。

初めて彼女の声を聴き、姿を見たのは、多分、いつものメンバーがうちに集まって飲んだり食べたりしていた時だったと思うんですけど、正直、ずるいというか妬ましい思いがしたのを憶えています(笑)
だって、スライドギターをカッコよく弾き、ハスキーな声でファンキーに唄っているんですもん。
女性で、こんな風にギターを弾き歌える人がいるとは知らなかったので(と、いうかBonnie Raittしかいないかもしれませんが^^;)、私にとってはかなりショッキングなことでした。

そのライブでは、John Lee Hookerとのデュエット曲である「I’m in the Mood」も、一緒に弾き歌っていたのですが、見てて微笑ましいというか楽しくなるデュエットでした。Hooker独特のノリとBonnieがちゃんと合っているのが凄い(笑)!

宣教師の母とミュージカル俳優の父の間に生まれたBonnieは、10歳の頃にはギターを手にし、家のまえのポーチであの(私の大好きな)Ry Cooderと、Little Feetの故ローウェル・ジョージと3人で、ブルースのコードのことやスライド・ギターのことばかり話し、ギターを持ちよってはブルース・ナンバーのコピーばかりしていた、というのですから、もう筋金入りですね(羨ましい〜^^)。

でも、最初から売れていたのではなく、むしろ遅咲きのよう。と、いうか分る人には受けていたけれど、爆発的ヒットがあったわけではなかったようで、1983年ワーナーブラザーズとの契約問題がこじれ、「ボニー・レイットは売れない」というレッテルを貼られ契約を破棄されたBonnieは、私生活でもトラブルに見舞われ、その苦しみをアルコールとドラッグで紛らわし、転げ落ちていく時期も。見かねた友人達が救いの手をさしのべ、プリンス殿下も自らが主宰するペイズリー・パーク・レコードでBonnieにレコーディングをすすめ、プリンスプロデュースで4曲を録音するも、完成には至らず、最終的に救い出すきっかけになったのは「ブルース・フォー・エルサルバドル」というブルースマンの著作権を守るコンサートに出演したことだそう。
そして1988年、ディズニーの主題歌集「ステイ・アウェイク」に参加し、ダンボのテーマを収録。1989年キャピトル・レコードでの第1弾「ニック・オブ・タイム」は翌年になってもセールスを伸ばし、ロサンジェルスのグラミー賞で4部門を独占するという奇跡がおこった!(その中の一つが、Hookerとのデュエット「I’m in the Mood」)以降、全米で最もHotでCharmingなシンガーとして老若男女問わず人気を博することになったそうです。

Longing in Their Hearts」1993年 12作目のアルバム
1.Love Sneakin' Up On You
2.Longing In Their Hearts
3.You
4.Cool,Clear Water
5.Circle Dance
6.I Sho Do
7.Dimming Of The Day
8.Feeling Of Falling
9.Steal Your Heart Away
10.Storm Warming
11.Hell To Pay
12.Shadow Of Doubt

Bonnieのイカすスライドギターと唄を是非聴いてみてくださいね。

※John Lee Hookerは、以前にUpした記事
  「聴きたい音楽(4)ジミヘントリビュート「Power of Soul」」で、「Red House」をやってます。



LONGING IN THEIR HEARTS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グラミー賞は面白い
グラミー賞の授賞式が先程終わりました。 ...続きを見る
早く一人前になりたいブログ
2006/02/09 15:20
Bonnie Raitt 「Longing in Their Hearts」
ボニー・レイットを紹介。映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」で彼女の魅力に開眼した。 ...続きを見る
答えはきっと風の中
2006/02/09 17:47
来ました!
「聴きたい音楽(17)Bonnie Raitt「Longing In Their Hearts」」について オクターブさんちのブログを読んで、「これは相当かっこええ音楽なのでは?!」と 反応して早速ネットで注文していたCDが今日到着しました^^。 わ〜ようこそ!! ...続きを見る
とんちとみんちのギター日記
2006/02/09 20:20
サムシング・トゥ・トーク・アバウト / ボニ−・レイット 〜 Something to Talk A...
Something to Talk About / Bonnie Raitt ボニ−・レイットは、「アイ・キャント・メイク・ユ−・ラブ・ミ−」(I Can't Make You Love Me)に続いて2曲目の登場です。 1991年にリリースされたアルバム『ラック・オブ・ドロー』(Luck of the Draw)からのヒット曲で、静.. ...続きを見る
オススメの洋楽一日一曲
2009/08/29 13:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。TBありがとうございました。
ボニー・レイットは先日映画を観て、あの1曲ですっかりハマりました。スライドギターを豪快に鳴らすところ、ヴォーカルもいいですよね。
さて、Charの戸越銀座の記事も拝見しました。私もCharが最近好きで、ボニー・レイットもですがギタリスト大好きです。
スノードロップ
URL
2006/02/09 17:45
はじめまして、相互TB&コメントありがとうございます。
正直いってボニー・レイットには反応ないだろうな、と思っていたので、嬉しい誤算でした。スライドもヴォーカルもイカシテますよね^^。元々ピアノ弾いたり、ギター弾いたりしていたもんですから、記事も何となくそれ関連が多く、このblogの常連さんもギターを弾く方(又は何かしら楽器をやる方)が多いんですよ〜。よろしかったら、また遊びに来てくださいね^^。
オクターブの共鳴音
2006/02/09 18:11
こんばんは。ご挨拶が遅くなりすみませんでした。
以前のグラミーでだったと思いますが、ボニー・レイットを聴いた時に最初からいいなぁ、と思っていたのに余韻に浸っている間に歌手名を忘れてしまったんです。
今年は名前を忘れない内にと思い、検索しこちらにお邪魔しました。彼女のこれまでの事を知る事ができ、有難うございます。
音楽に随分詳しいんですね。他の記事も読んで勉強させて頂きます。
motasuke
URL
2006/02/09 20:37
こんばんは、TB&コメントありがとうございます。
ボニー・レイットに反応していただけるなんて嬉しいです^^。彼女の声も、ギターもいいですよね。
楽器を弾いたりしてるものですから、その関係の記事が多かったりするんですが、よろしかったら、また遊びに来ていただければと思います^^。
オクターブの共鳴音
2006/02/09 22:07
お久しぶりです!
ボニーレイット好きですよ〜
女性でブルース系の音楽やってる人って
カッコイイですね。
この人もサタデーナイトライヴのゲストで
歌ってたような気がします。
この人最初から老けてたせいか?
あんまり変わりませんね(笑)
ジャック
URL
2006/02/13 01:45
おー!ジャックさんお久しぶりです〜。
ジャックさんは、お好きかな?とは思ってたんですけど^^。
サタデーナイトライブに出てましたか?
>この人最初から老けてたせいか?あんまり変わりませんね(笑)
わはは。確かに(大笑)
オクターブの共鳴音
2006/02/13 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聴きたい音楽(17)Bonnie Raitt「Longing In Their Hearts」 オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる