オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS Blue Noteあたりの青山の風景

<<   作成日時 : 2006/05/14 00:22   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像一つ前に、5月11日にBlueNoteTokyoにLiveを観に行った記事をUPしたのですが、時間より早めに着いたので付近の写真を撮ってみました。

まずは、道の反対側からBlueNoteTokyoを撮ったところ。入り口の幅は小さいんですよ。

隣は、Jill Stewartです。Men’sが沢山おいてありました。


画像道を渡って入り口の前から。
Jerry Jemmott目当てに、50代以上のネクタイをした人から、若い子達まで、そして外人さんも多く、いろんな客層の人達が、ぞくぞくと入っていきました。
向かって右側には、これからの予定が書いてあります。
この入り口だけで、気分が盛り上がってきますね。



画像今度は、ブルーノート側から道の反対側を撮ったところ。
かなり広いスペースで一つのお店があります。
「IDEE SHOP」ですね。赤いレンガの色と、背の高い木の鮮やかな緑とのコントラストが目を惹きます。このあたりは、外観も考えて店づくりをしているので、街全体が非常におしゃれです。骨董通りは雑然としているのですが、1本入るとずいぶんと違います。表参道の駅からこの道まで真っ直ぐ下りて来る道沿いの両側も随分お店ができておしゃれに整っていることにもびっくりしました。大分、変わったんですね。


画像上の写真の木の左側はこんな風になっています。中で繋がっているのですが、大分イメージが違いますよね。
この日に限って、たった一日しかない5月の休みの日だったので、中には入れませんでした。久しぶりに時間が有るので、中を見ようと思ったのに(涙)
緑に囲まれた一軒家といった感じで、中も木目調の店内は、非常にほっとする空間で大好きなんですが、入れなくて本当に残念。

※2006.10.17 この建物は取り壊されていました(涙)


画像そして、上の写真のIDEE SHOPの左側は道になっているのですが、そこを入り、少し行くと右側に「岡本太郎記念館」があります。
ここは、岡本太郎氏の住居でありアトリエでもありました。死後、養女である岡本敏子氏の管理の下、記念館として岡本太郎作品に触れる機会を提供してくれています。その岡本敏子氏も亡くなられた後、どうなっているのだろう?と思っていたら、今も開館してくれているようです。
岡本太郎記念館」 ←詳しくは、公式HPよりど〜ぞ
芸術家で天才で、爆発おじさん?みたいなイメージしかなかったのが、「自分の中に毒を持て」という氏の本を読んで、非常に理知的、論理的思考を持ち、閃きだけで作品を生み出していたわけではない人であることがわかり、(そして、ものすごいエネルギーや母かの子さんに対する愛情も合わせ持つ)非常に魅力的な人間であることが分った時から、この岡本太郎記念館を訪れ、生の作品にふれ、岡本太郎氏が暮らした空間というものを感じてみたいと、思い続けていたので、ここにあったんだ?と、初めて見つけたときにはすごく感動してしまいました(笑)
道側から、中が丸見えなのは、今回初めて気がつきました。※いつもは、暗くなってからこの辺りを通るので気がつきませんでした。まだ、中には入っていないんです^^;

六本木辺りより、私はやはりこの辺りのほうが好きですねー。
東京を訪れる機会のある方は、是非この辺りも散策してみてほしいな、と思います。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか



自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いい場所ですねー。行ってみたいです。今年の夏は一時帰国するので、立ち寄ってみたい・・・が、場所が分からない・・・(涙)。何線でいくのがいいんでしょうか。
ぬりかべ
2006/05/16 19:44
ぬりかべさん、こんにちは^^。
あ、一時帰国されるんですね。でも夏だと、こちらも蒸し暑いかも^^;
あれれ?このあたり、分らないですか???
銀座線表参道駅で降りて、表参道の交差点を表参道ヒルズとは反対方向に歩き、突き当たる大きな道路を右折すると、ブルーノートのところです。※ブルーノートの前がIDEE SHOPです。ブルーノートを通り過ぎ突き当たった道が、骨董通りです。
岡本太郎記念館も、是非覗いてみて欲しいですね〜。
表参道ヒルズも、勿論話の種に行ってみるのはお薦めしますよ〜^^
オクターブの共鳴音
2006/05/16 21:46
あ、なるほどー。分かりました。ありがとうございます。方向音痴なので、どうにも、地図がよく頭にはいらないから、ちゃんと聞いておかないと。ふむふむ、恐らく生息地から近いと思われるので行ってみます。ありがとうございます。
ぬりかべ
2006/05/16 23:53
あ、この説明でわかりましたか?^^
あちらこちら行ってらっしゃるようなのに、方向音痴ってなんだかおもしろいですね^^。おー?生息地から近い???
随分といい場所ですね〜、羨ましい^^!
オクターブの共鳴音
2006/05/17 06:57
この辺り友人の会社やらなんやらが2つばかりあって、以前から一時帰国したときは、道に迷いながら、そして交番で聞いたりと、動き回っていたんです。でも、なんだか一本道入ると、住宅地?ぽくなったりとよーわからん、状態で。夏に行ってみようと思います、楽しみだ。
ぬりかべ
2006/05/17 10:04
あ〜、確かに一本道を入ると住宅地っぽくなって、道も碁盤の目じゃないので、方向感覚がおかしくなりますね。でも、そういった道沿いにも、おしゃれな店が結構あるんですよ^^。表参道の交差点からこちらのほうに下りて来る道沿いも、両側にお店がいっぱいできていたので(ここは迷わないと思います(笑))、楽しめると思いますよ〜^^。
オクターブの共鳴音
2006/05/17 17:39
オクターブさん。ごめんなさい。
別BLOGの方で随分前にコメントいただいていたのに、見過ごしていました。コメント通知メールを設定したつもりでいたのですが、設定されてませんでした。
今コメント書いてきました。これに懲りず別BLOGのほうにもまたお越しください。

ところで、青山のちょうどブルーノートのすぐそばにクライアントさんの事務所があり、仕事で頻繁に出向きます。
なのにライブにはなかなか行けなくてとても悔しいです。
BustaCat
URL
2006/05/17 23:59
BustaCatさん、どうもです〜^^。
あ、あちらのblogそういうことだったんですか。今、見てきました。うちは、洋風(?)ですけど、奇妙な形はしてない・・・と思います(笑)玄関からトイレに入るドア(壁)は斜めだったり、天井が屋根裏のように段々になってたりはしますが(笑)

え〜、ブルーノートの近くに仕事では行ってらっしゃるんですか?!それなのにライブに行けない・・・そ、それは悔しいですね^^;!
オクターブの共鳴音
2006/05/18 07:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Blue Noteあたりの青山の風景 オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる