オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡本太郎記念館へ行ってきました〜明日の神話

<<   作成日時 : 2006/10/17 17:38   >>

トラックバック 1 / コメント 0

以前、「BlueNoteあたりの青山の風景」という記事でふれた、青山にある岡本太郎記念館に行ってきました。ここは、1996年、八十四歳で亡くなるまで、岡本太郎のアトリエ兼住居であり1953年から五十年近くも彼が生活した空間でもありました。

2003年9月、永らく行方がわからなくなっていた岡本太郎作の巨大壁画「明日の神話」がメキシコシティ郊外で見つかった。岡本太郎記念館館長だった故岡本敏子が現地を訪ね、確認した。
「太陽の塔」と同時期に製作され、”塔と対をなす”をいわれるこの壁画は、岡本太郎の最高傑作のひとつであり、岡本絵画では最大の作品(縦5.5m、横30m)
メキシコの実業家の依頼を受けた岡本が、1968年〜69年にかけて何度も現地に足を運んで完成させた。新築ホテルのロビーを飾るために描かれたのだが、依頼主の経営状態が悪化したことでホテルが未完のまま放置され、壁画も取り外されて各地を転々とするうちに行方がわからなくなっていた。
同館設置パンフレットより
『明日の神話』
壁画は趣味的な美術作品ではなく、社会にうち出すピープルの巨大なマニフェストなのだ。                    <岡本太郎>




今年の夏、日テレプラザで世界初公開されていましたが、その修復の様子や修復方法、材料等を同館で展示されているのが15日(日)までということで、その最終日に行ってきました。
岡本敏子のメッセージ〜明日の神話によせて
 『明日の神話』は原爆の炸裂する瞬間を描いた、岡本太郎の最大、最高の傑作である。
猛烈な破壊力を持つ凶悪なきのこ雲はむくむくと増殖し、その下で骸骨が燃えあがっている。悲惨な残酷な瞬間。
 逃げまどう無辜の生きものたち。虫も魚も動物も、わらわらと画面の外に逃げ出そうと、健気に力をふりしぼっている。第五福竜丸は何も知らずに、死の灰を浴びながら鮪を引っ張っている。
 中心に燃えあがる骸骨の背後にも、シルエットになって、亡者の行列が小さな炎を噴きあげながら無限に続いてゆく。その上に更に襲いかかる凶々しい黒い雲。
 悲劇の世界だ。 -中略-
二十一世紀は行方の見えない不安定な時代だ。テロ、報復、果てしない殺戮、核拡散、ウィルスは不気味にひろがり、地球は回復不能な破滅の道につき進んでいるように見える。こういう時代に、この絵が発するメッセージは強く、鋭い。
 負けないぞ。絵全体が高らかに哄笑し、誇り高く炸裂している。   <岡本敏子>
同館設置パンフレットより

※2008年11月17日渋谷マークシティに繋がる通路に「明日の神話」が展示され、公開が始まりました。

画像1階がアトリエで2階が展示室になっています。
「明日の神話」と対をなすという、有名な「太陽の塔」のレプリカがまず目に入ってきます。万博のシンボルであり、大人になってから大阪を訪れた際に現物を見たこともあるのですが、その大きさ迫力に圧倒されたのを憶えています。この「太陽の塔」を製作していると同時に「明日の神話」も製作していたなんて、なんというエネルギーなのかと、驚嘆。

画像「太陽の塔」の後ろ側は、1階玄関スペースからの吹き抜けになっていて、右横の空中通路みたいなところを歩き、別室に行けるようになっていました。
その部屋と、「太陽の塔」の前部分に実際に使っている修復材料や、破損、解体されている壁画をどうやって修復したかの立体模型等が展示されています。
※右端で、下を覗き込んでいる人が見ているのが、1階の玄関脇、チケット&土産物売り場になります。
空間の作り方がいいですよね。さすが岡本太郎。

画像通路を渡り、入った部屋の正面に飾ってある絵なのですが、「明日の神話」と連作の、核爆発を描いた作品(と説明してあったと思う^^;記憶あいまいでスイマセン)になります。

北朝鮮が核実験を行ったこの年に、「明日の神話」が発見、修復後公開されたわけですが、まさに運命的・・・?

画像2階から1階へ階段を降り、奥の部屋へ。アトリエです。
ここで、数々の作品を生み出したのかと思うと、感慨深いです。
左側のテーブルの横には、ゴルフバッグが立てかけてあり、部屋入り口のすぐ右側にはピアノがありました。あ〜、そうでしたね、多彩な方でしたよね、岡本太郎って。スキーもできて。
沢山の大きなキャンバスに何が描かれているのか、見ることができないのが残念でしたが、中二階のようなものも作られてあり、主をなくしても尚エネルギーを持ち続けているような、空間でした。

画像アトリエに行く通路の右側がサロンのようになっているのですが・・・この人形はコワいですね(笑)
いろいろな作品が飾られています。食器も作っていたんですね。

画像人形の右側のスペースになります。
岡本太郎と敏子さんの写真パネルが置かれていました。
太郎氏の、くったくのない穏やかな笑顔がとても魅力的。一般的に思われているイメージと随分違う方なんですよね。
ところで、この白い塔のような顔(人?)の集まり、もののけ姫に出てきた木の精に似てないですか?宮崎駿パクりましたか^^;?

画像庭にも沢山の作品が展示されているのですが、可愛いものを発見!
鉢のようなんですが、可愛いですよね〜?(笑)
岡本太郎って、可愛らしい作品も沢山作ってるんですよね。

画像そして、奥にも、可愛い顔を発見。
うーん、見てるだけで顔が微笑んできます。
確か、これと同じような作品を母親の横に建てた自身の墓標にしていたのではなかったかな。母親の(お墓の)ほうを、見ているという設置のしかたで・・・(笑)

それほど広い空間ではないのですが、なんだかとても充実した気持ちになりました。
岡本太郎のエネルギーをもらったような・・・?(笑)
行ってよかったなぁ・・・・・!
庭の横にはカフェもあり、庭を眺めながらお茶を飲めるようにも、なっています。

岡本太郎記念館
こちらのサイトに今後の企画展等、掲載されていますので、青山に行かれた際は是非行ってみてくださいね。元気をもらえますよ〜(笑)

壁を破る言葉

※岡本太郎記念館は全て撮影可であることを、入館時に教えてもらいました。



壁を破る言葉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
侮れないガチャガチャ「コップのフチの太陽の塔」←この発想はなかった
お久しぶりの侮れないシリーズです。以前twitterでRTされてきたのを見て、「なんてシュールなんだ。これ、ほしい」と、思ったガチャガチャ。渋谷PARCO PART1 6Fのシブポップ(シブヤポップカルチャーマーケットと、いうんだそうです)で、みつけてしまいました。 ...続きを見る
オクターブの共鳴音
2016/02/27 16:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
岡本太郎記念館へ行ってきました〜明日の神話 オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる