オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 上野動物園に行ってきました2008 シロフクロウ プレーリードッグの赤ちゃんが可愛い

<<   作成日時 : 2008/05/07 18:32   >>

トラックバック 1 / コメント 2

昨年の4月にも行ってきたんですけど、今年もシロフクロウに会いたくて(笑)天気のいい連休最後の6日に行ってきました。昨年の記事「上野動物園に行ってきました←写真14枚UP 」でも、写真を結構UPしているので、今度は昨年載せなかった生き物の写真をUPしようと思います。

画像4月30日に亡くなったパンダのリンリンのいた場所は、献花等を受け付けるようになっていました。昨年のブログに写真をUPしてあるんですけど、あの時でも随分とつまらなそうだったんですよね。今考えてみると体調が今ひとつだったんでしょうね・・・。

リンリンは国立科学博物館で剥製にされることが決まったようですが、同館HPに関連記事が出ていました。
速報:上野動物園最後のパンダ,リンリン死亡 (監修:動物研究部 川田伸一郎)
日本では上野動物園のほかに,兵庫県神戸市立王子動物園にオス・メス各1頭,和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドにオス・メス各3頭の計8頭のジャイアントパンダが飼育されています。しかしこれらの8頭はいずれも中国から貸与されている個体であり,リンリンは日本が所有権を持つ唯一のジャイアントパンダでした。
リンリンの遺体は研究のため国立科学博物館に寄贈され,剥製として残されることが決まっています。
上記リンク先該当記事より抜粋
ここと、この記事にリンクされている関連記事を読むまで知らなかったんですけど、所有権を持つ最後のパンダだったんですね。なので、同じく他国が所有権を持つパンダ(2頭のうちの1頭)と、ペアリングを試み、所有権を持てるパンダを増やそうとしていたんですが、とうとう成功せずリンリンが死んでしまったため、上野動物園に来園以来30数年続いたパンダの歴史が閉じられてしまったのだそうです。
丁度、胡錦涛国家主席が来日し、ペアのパンダを・・・という話ですが、貸与するだけなので(中国は今現在貸与だけで、譲渡はしていない)莫大な借料も発生するわけで、これを日中和平の切り札にされても・・・という感じですよね。

画像これは、タイから寄贈された「サーラータイ」という建物です。

寄贈されるときのお式には、秋篠宮殿下も参加されたようですね。

煌びやかさが、まぶしいぐらい!

画像そして、次は楽しみにしていたシロフクロウです〜^^。
笑ってるような顔が可愛いですよね。
オスがこのように真っ白なんですけど・・・

画像メスは、このように黒いブチがあるんだそうです。

眼がキリッとして、これも可愛いですよね〜。

フクロウは”不苦労”ということで、縁起がいい生き物とされ、首が180度回ることから、見通しが利くということで、商人にも縁起がいいものとして、ありがたがられるようです。

う〜ん、家で飼いたいなぁ、シロフクロウ。

画像昨年は、見るのもやっとだったスマトラトラです。

模様がキレイ〜。
沢山のお客さんに興奮しているのか、あちらこちらと歩き回っていました。狩りのためのなわばりをパトロールする行動でもあるみたいですね。

近くまでくると、やっぱり恐い感じがしましたよ。

画像トラのいるところと同じように、ゴリラのいる場所も森というか、自然の状態になっています。

人が皆で覗き込むので、嫌気がさしたらしく(笑)歩き出して、顔を背けてしまったゴリラくんです(笑)

名前も張り出してあるんですけど、どれがどれだか、はっきりいってわかりませんでした^^;

画像鳥たちも、大きなものから小さなものまで、色々といるんですが、この鳥が群を抜いてカッコよかったですね〜。

ヒクイワシと、言ったと思うんですけど(記憶あいまい)、眼もくちばしも大きく、手塚治虫のマンガに出てきそうなキャラだな〜と。

人間の言葉を、話し出しそうですよね(笑)

今は、季節的に動物の子供達が沢山誕生しているわけですが、その子供達の可愛いさといったら!
動物の子供は、皆、可愛いんですけど、カンガルーの赤ちゃんも可愛かったなー。こっちに、わざわざ寄ってきてくれたんですよ〜(嬉)動物に妙に好かれるワタクシ(特に犬から)、やっぱり何かついてるんでしょうか?(笑)

画像そして、前回も書きましたけど、アメリカバイソンと一緒のところにいるプレーリードッグです。

丁度、物音がして、ひょっと立ち上がったところなんですけど、表情が可愛いですよね〜(笑)

そして、何やら横のほうで小さいものが動いているなと、思ったら・・・・・!

画像うぎゃぁ〜、か、可愛い〜〜〜!

プレーリードッグの赤ちゃんですよ!
バブちゃんなので、歩き方が、ちょっとヨタヨタしてるんですぅ。
ああ〜、可愛い、可愛い過ぎる^^。

画像バブちゃんたちだけで、お食事してるところもありました。

可愛いなぁ〜。

西園に行き、もう一度見ようと行ってみたら大人たちだけで、赤ちゃんは見れなかったので、もし見ることができたらラッキーなのかもしれません。

大人のプレーリードッグが透き通ったフェンスに手をかけて立ち上がり、バイソンのほうを、じ〜っと眺めている光景もあり、笑ってしまいました。ここは、見逃せませんよ〜(笑)

西園の前回中に入っていた動物たち(カバ、サイ、キリン、オカピ)も、専用の外スペースでゆっくり動き回るのを、見られるようになってました。
画像小獣館も相変わらず可愛かったですよ〜。

写真は、マメジカです。

写真でも、凄く小さいのがわかりますよね。
鹿らしくなく、じ〜っと立ってました。
眼が大きくて、愛らしいですね。

天気もよく、人もいっぱいでしたけど、ゆっくり見てまわり2時間ぐらいは、いたでしょうか。600円でこれだけ見せてくれるのは凄いと思いますよ〜。敷地は広いし、散歩するように見てまわれるし、コウモリのような夜の動物達を見せてくれる場所もあり、両性爬虫類館のように、水にいる生き物達も見れるし、小さいお子さんとの親子連れだけでなく、20代のカップルも沢山来ていたようですし、ここが見所満載おもしろいのも、大分認知されているのかな?(笑)

是非是非、一度は訪れてみてほしい場所のひとつです。

Tokyo Zoo Net
上野動物園・多摩動物園・井の頭文化園・葛西臨海水族園・大島公園動物園の総合サイトです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シロフクロウの笑顔!
ズーラシアで、絶滅の危機に瀕しているシロフクロウの笑顔の写真を撮影したいと思っていたのですが、、なかなかチャンスにめぐり合... ...続きを見る
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
2008/06/30 18:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上野動物園、良いですよね〜
東京へ行った折に何度か行きました。確かその時にリンリンも観ました。
その時はパンダがいるのが当たり前という、見慣れた時代だったせいか
ほとんど人混みもなく、のんびりとパンダを観察できました。
上野動物園といえば、あのジョン・レノンとオノ・ヨーコも子供連れで
来てたんですよね。何かの写真で見ました。

それにしても可愛い動物がいっぱいで、確かに600円は安い!
個人的にはそんなにパンダに固執しなくても、他にも色んな動物がいて
充分だと思います。兵庫県の王子動物園にもたまに遊びに行きますが
取立ててパンダが居てるからという意識もありません。
勿論、観ればやっぱり可愛いですが。パンダの向こう側に色んな思惑が
感じられて、なんだかなぁ〜
ジャック
2008/05/08 00:58
ジャックさんも、何度か入ったことあるんですね。うわお。あ〜、そういえば、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの話も聞いたことあるような。。。昔から有名な場所ではあるんですけど、昨年、今年と行ってみて、ちゃんと進化しているし、見所もいっぱいなのが凄いなぁ、と。

兵庫県の王子動物園は、ジャックさん、お近くなんですね。私は、行ったことがないんですけど、パンダ以外のものが充実していないと、おもしろくないですよねぇ。勿論可愛いんですけど、本当に背後の色んな思惑が・・・マスゴミの皆さん、リンリンが最後の所有権を持つパンダであったこととか全然報道しないし。

人間は、可愛い動物達を見て喜んでますけど、動物達は自然の状態から連れてこられて、なんだかな〜、と思ってるかもしれませんね^^;
オクターブの共鳴音
2008/05/08 08:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
上野動物園に行ってきました2008 シロフクロウ プレーリードッグの赤ちゃんが可愛い オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる