オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 香川/高松〜岡山/倉敷2:瀬戸大橋〜倉敷・大原美術館へ

<<   作成日時 : 2009/08/30 21:43   >>

トラックバック 1 / コメント 2

高松から岡山/倉敷には、瀬戸大橋を通って、岡山まで行く電車があるということで、それに乗ってみました。瀬戸大橋からの眺めは凄い、という話を聞いていたので、これも楽しみの一つでした〜。

画像瀬戸大橋って、長いし真っ直ぐじゃないし、どうやって設計したんだか、本当に不思議です^^;

上は車が走れるんですよね。

画像動く電車の中から、丁度上手く撮れた1枚です。

こんな風に、浮かんでいるように島が沢山見えて、眺めが素晴しいです〜。


岡山駅で電車を乗り換え、倉敷駅まで。
倉敷駅から、昔から有名な美観地区へは徒歩でいけるので、以前といってもウン10年前に来た記憶をたどり、たどり着いたら、懐かしいあの風景が・・・!

画像まずは、大原美術館です〜^^。

大原美術館

倉敷に来たら、入るのがお約束なんですけど、入館料が1000円で、1日何度でも入り放題というのを忘れてました。敷地内だけではなく、外に一旦出ても、また入っていいんですよ(笑)入り口の他にも、敷地の横から自由に出入りできるようになってますし。のんびりしているというか、嬉しいですよね。

敷地内は、本館、分館、工芸館、東洋館に別れています。

画像まずは、このロダンの彫像が迎えてくれます。あ〜、思い出しました。懐かしい〜。
本館は開館当時からの建物で、趣があり、いい雰囲気です。
エル・グレコ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ロートレック、ピカソ、マティス、モディリアーニ、カンディンスキー、ボロック、マイヨール等、そうそうたる画家の作品に出会うことができます。
エル・グレコの受胎告知を初めて見たときに、「あ。ポール・マッカートニーみたい」と、思った私って^^;?この人の描く顔って、ロックミュージシャンみたいなんですよね。
本館は誰でも知っている画家の作品が沢山で、見応えがあります。

画像分館の入り口にもロダンの作品が。
これも、憶えてますよ〜。懐かしい。
こちらは、藤島武二、岸田劉生、梅原龍三郎等日本の洋画家や、高村光太郎等の彫刻を観ることができます。
前に来たときには無かったと思うんですけど、地階があり、現代美術を観られるようになってました。

岸田劉生の「童女舞姿」がありました。この人の作品は、真近に観ると、本当に迫力があります。

こちらにも、素晴しい作品が揃ってます。

画像分館前庭右側には、イサム・ノグチの作品が!これは、記憶にありませんでした。ここでも会えて嬉しい^^。

奥のムーアの作品のことはよく憶えてたんですけどね。
この作品の前で、写真を撮りましたから(笑)

工芸館、東洋館には、浜田庄司、バーナード・リーチ等の陶芸、棟方志功の版画、児島虎次郎の収集を中心とした東洋の古代美術品が展示されてあり、まるで東京の国立博物館のようでした。
この美術館は、本当にレベルの高い作品が揃っています。
倉敷に来たら、絶対観ないといけませんね(笑)

画像この地区の真ん中には川が流れていて、そこを船に乗って行き来できるようになってます。風景と船が似合ってますよね。

画像地酒を売っているお店です。
ここは、前に来た時にもこのお店の前で写真を撮った記憶があるんですけど、のれんが変わっていないような・・・?タイムスリップしたような感におそわれます。

画像ウン十年前、友人と来たときには、このアイビースクエアのホテルに泊りました。
私が、修学旅行で訪れ、ここに泊りたい!と、思ったのを実現したんだと記憶してます。
当時、こんなにステキなホテルって、なかったんですよね。

画像川べりに戻り、反対側を歩いてみます。
石を使った置物や、アクセサリーを売っているお店です。白壁のたたずまいがキレイです。

画像日本郷土玩具館です。
昔からある、ベーゴマ、紙風船、おはじき、ダルマ落とし、剣玉等、懐かしいおもちゃがいっぱいです。

画像川の途中には、向こう側に渡れるように橋がいくつか架かってるんですけど、シダレ柳も美しい、この風景はいいですよね。
この橋のこちら側には、無料観光案内所があり、休めるようになってます。

大原美術館にいるときに、雨が降り、やんだと思ったら蒸暑さが尋常ではなく、東京より全然暑いじゃないの〜(大汗)と、ゲンナリしていたので、思わずここで休んでしまいました。
美観地区というだけあって、景色、雰囲気ともいいんですけど、気候がいい時期に来たほうが、もっと楽しめるのになぁ、と実感しました^^;

でも、一度は訪れてほしい場所でもあります。


次は、お楽しみのグルメ&土産物の記事になります〜^^。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大原美術館でエルグレコの受胎告知を鑑賞!倉敷美観地区の旅
倉敷美観地区にある大原美術館に行った。昭和の初期に日本初の西洋美術館として開館した大原美術館。ようさん立派な絵画があるな〜ミレーやルノワールなどなど。絵に詳しい訳ではないが、いい絵を観るのは本当にいいもんだ。但、近代的なモダンアートについては何のこっち... ...続きを見る
吠えて勝つ タイガース
2009/09/12 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと遅くなりましたが、じっくり拝見させていただきました。
岡山、倉敷方面は恥ずかしながら全く未開の地。
大原美術館は、ぜひとも行って見たい場所のひとつです。
紹介記事で益々行ってみたくなりました♪
来年こそは行きたいぞ〜!
そういえば来春、大きな規模でルノワールの絵画展が
予定されてるようですね。こちらも楽しみです。

ジャック
2009/09/12 09:37
ジャックさんどうもです〜。
>岡山、倉敷方面は恥ずかしながら全く未開の地。
ええ〜、そうだったんですか?!関西からだと近いので、てっきり行ったことがあるんだと思ってました^^;大原美術館はいいですよ〜。何度も出入りできるのも嬉しいし(笑)
>そういえば来春、大きな規模でルノワールの絵画展が
あ、そうなんですか?知りませんでした〜。今度こそ、東京だけじゃなく、そちらのほうでもやるんでしょうか^^?
涼しくなってくると、色々と出かけたくなりますよね。とりあえず、今月の連休どうしよう・・・・・^^!
オクターブの共鳴音
2009/09/12 13:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
香川/高松〜岡山/倉敷2:瀬戸大橋〜倉敷・大原美術館へ オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる