オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS ドニー・フリッツのインストアライブ@TOWER RECORD渋谷を見ました&友人のライブレポUP!

<<   作成日時 : 2009/09/30 17:10   >>

トラックバック 1 / コメント 2

Topページには、ちょこっと書いたんですけど、Donnie Fritts&Friendsのインストアライブを26日(土)TOWER RECORD 渋谷に観に行ってきました。あまりのカッコ良さにホレボレ。渋谷がマッスル・ショールズ゙になってましたよ^^。

画像Tom's Cabin」の「聴かずに死ねるかシリーズ」番外編となる、Donnie Fritts & The Decoysのライブに先立ち、インストアライブをやることになったようなんですけど、友人にも誘われたし、Nancyメールでもドニー・フリッツとともに、スコット・ボイヤーさんも来るということを聞いていたし(岸田さんは、マッスル・ショールズでCD録音したときから、メンバーとはお知り合いなんです〜)、ライブは迷ったんですけど、インストアライブは聴いておこうかと(笑)

Donnie Fritts & The Decoys

guitar:Scott Boyer
bass:David Hood
guitar:Kelvin Holly
keyboards:N.C.Thurman
drums:Mike Dillon

座ってギターを弾いているのが、スコット・ボイヤーです。
ヴォーカルのドニー・フリッツは、クリス・クリストファーソンのバンド・メンバーとして1974年の来日以来、実に35年ぶりの再来日だそう。マッスルショールズ関係のミュージシャンがこれだけそろって来日するのは初めて。

いや〜、ドニー・フリッツさん凄すぎです。水を飲みながら、酔っ払った風なのに、ヴォーカルカッコよすぎでした。※腎臓移植の手術をしたそう。とても、そうは思えませんでしたよ。
トニー・ジョー・ホワイトの曲なんて、日本人には絶対できないノリ。スコット・ボイヤーとのコーラスの絡みも最高!インストアライブなのに、そうとは思えない出来で、いいものを見せていただきました、という感じです。

画像スコットさんの着てるTシャツを見てびっくり。なんと、岸田さんのSwamp WatersのTシャツでした。※TOWERに来る前、Nancyさんにも寄ってきたようなんですけど、スコットさんの勝負Tシャツだそうです(笑)
お隣のベースのデヴィッドさんは、マッスル・ショールズのTシャツでしたよ。


28日は渋谷 O-EAST、29日には横浜 THUMBS UPでライブがあったわけですが、その両方に行った友人からメールが来たのでUPしてみます〜。

ドニー・フリッツとデコイズ・・・もうメチャクチャ良かったです!
インストアのリラックスした感じも良かったけど、
ドラムも入っての、バンドサウンド、やぱっりサイコーでした!
(ベースのデイビッドさん、ライブでは顔つきが違ってたよ)

初日の渋谷より昨日の横浜のほうが良かったな〜。
渋谷は、どうもサウンドのバランスがいまいちで。
リードギターの音ばっかりが目だってた。ちょっとうるさいくらいに。
思ったより広めの会場だったので、PAの状態が左右するね。
横浜は狭い小屋なので、音のまとまりが断然良かったです!
いやあ、いいバンドだなあ〜。艶があると言うか、
最良のスワンプサウンドを堪能させていただきました。
ドニーも実に味のある声だよね。(大病のあとなのにすごいなあ)
最高のミュージシャンの最高のライブ!
終わったのが悲しい!また見たい!トムズ復活してくれ!

岸田さん、渋谷も横浜も出てました。
ECの「PLEASE BE WITH ME」をアコで、
レスポールでSTATESBORO BLUESをプレイ。
ECの方、渋い選曲だよね。本人のライブでやったことあったけ?
岸田さんのギター、初日はいまいち聞こえにくかったけど、
昨日はばっちり聞こえました。良かったと思います。
あれだけのメンバー相手に、臆せずにやれるんだから、すごいよね。
ハートの強さも、岸田さんのウリかな。

ドニー&デコイズ、また来ることを願いましょう!
※「Please Be With Me」はEC先生が461 Ocean Boulevardで演ってるんですけど、スコット・ボイヤーさんの曲なんです^^。

う〜む、やっぱり相当良かったみたいです。
岸田さんは、スライド部分を担当しているんですけど、Duaneがのりうつったようなプレイだったと、ご本人もびっくりしているようですよ(笑)
※「Nancy  kunioの四方山話」の9月30日にUPされたEPISODE1581に、28日に岸田さんがプレイした音源2曲へのURLが張ってありますので、聴いてみたい方は、リンク先へど〜ぞ。

この後も、下記2日間ライブがあります。

10月1日(木)名古屋 CLUB QUATTRO ¥8000
  全席自由席(整理番号順入場)

10月2日(金)大阪 BIG CAT ¥8000 ※岸田さんが、この日も参加されるそうです。
  全席指定席

二度と観れないかもしれないライブ。興味のある方は、今からでも間に合いそうですよ^^。

ワン・フット・イン・ザ・グルーヴ
※来日を祝し、最新作が日本のみのスペシャルなパッケージで登場だそう。はい、TOWERで購入しました(笑)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
聴きたい音楽(31):DonnieFritts and TheDecoys「AnEvening 〜」
昨年の9月に、Donnie Fritts の渋谷TOWER RECORDでのインストアライブを観に行き、イタく感激したことをこのblogでUPしたんですけど、そのLive in Japanの音源がCD+DVDで発売されるということで、Amazonで予約し手に入れました。 ...続きを見る
オクターブの共鳴音
2010/08/05 17:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ〜良いなぁ!シブすぎます(涎)
大阪公演は関西在住のミュージシャンも多数行くでしょうね。
しかし残念ながら行けない私。。。(涙)
何か最近、見逃したらもう二度と見れないかも?という
ミュージシャンの来日が多くて困ります(苦笑)
ジャック
2009/09/30 21:54
ジャックさん、どうもです〜。
ベースのDavid Hoodさんの人気が凄かったみたいですね。いろんなミュージシャンのアルバムに参加している実力派ですもんね。ミュージシャンズミュージシャンの方々なので、確かに日本のミュージシャンも沢山行くのでしょう。ジャックさん、残念^^;!

>何か最近、見逃したらもう二度と見れないかも?という
本当にそうですよね。どうしたんだろう?というぐらいに。
逆に言えば、最近突出したミュージシャンがいないとも言えるような気がしますけど、それも時代なんだろうな、と思いますし。
なるべく、体感しておきたいですよね。
オクターブの共鳴音
2009/09/30 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドニー・フリッツのインストアライブ@TOWER RECORD渋谷を見ました&友人のライブレポUP! オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる