オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年3月11日(金)地震発生から、今までのこと:リンク先更新されてます(5/17)

<<   作成日時 : 2011/03/20 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Topページには、たまに近況を書き込んでいたんですけど、やはり記録として、blog記事にもUPしておいたほうがいいだろうな、と、やっとまとまった文章を書く体調に戻ってきたので、当日の事あたりから書いてみたいと思います。

今年に入り(昨年からダメはダメだったんですけど(笑))、良くなりかけると、ガクーンと、ダメージを受けることが続き、これでもう大丈夫と思った1月26日から、急激に体調が変化しだし、結局今現在は、昨年11月末からすると、体重-7.5kg、体脂肪率-6%ぐらいになりました(痩せようと思ってしたわけではありません(笑)前が太り気味だったという話も(笑))。
なんでもないんだ、と思いつつ安心のために、3月11日(金)午前中に、血液検査用の採血をし、もうこれで今度こそ大丈夫と思った、11日午後、気分転換のために行った六本木ミッドタウンに一人でいるとき、地震にあいました。

翌日12日、このblogのTopページにUPしたものを、下記に載せてみます。

昨日11日、地震のおきたとき、六本木のミッドタウンの中にいました。
二度目の大きめの余震のとき、ミッドタウンの前の道にいました。
道が狭く、ビルは古くてびっしり、上から何かが降って来るのでは?と考えるのが一番恐かった。
車、バス以外の交通手段が使えなくなったので、徒歩で家までたどり着きました。
ただでさえ体調が悪い最近だったので、心臓がバクバクしてヤバかったです。
赤ちゃんや小さい子供さん連れのお母さん達が気丈で頼もしかった。。。
被災された方々にお見舞いを申し上げます。


つとめて冷静に書こうと感情を抑えていたのがわかる文章ですね(笑)
実は、パニック映画のような感じでした(詳細は書くとバクバクしそうなので、ヤメておきます)。

画像ただ!な〜んと、ミッドタウンでピーター・バラカンさんに遭遇!
また、会っちゃった〜というか、正直、ちょっと安心しました(笑)よく、お会いするんですよ。まぁ、ほとんどライブ会場で、なんですけど(笑)
外人さんが、建物を写メで撮ってたので、私もまぎれて撮った写真をUPしようと思ったら、今現在アップロードできないようですので、そのうちに。。。
※UPしました〜  →

瞬間に予想したとはいえ、docomoが電話、iモードとも繋がらず、情報が全く手に入らない状況でした(ただ、携帯で話している人もいたので、繋がったのはどこのキャリアなんだろう?)。そんな中で、判断するのは自分だけが頼りです。歩いていると、警報が鳴り響き、聞き取りにくいアナウンスが流れるので、かえって恐怖感が。
地図を見て、渋谷方面に歩き出し、バスに乗ろうかと、待っていてもいつ来るかわからない。ところで、渋谷に行ったらかえって人が多くて、どうにもならなくなるのでは?車の渋滞もこわいし。※六本木通りの上は、首都高が走ってるので、そこから何かが、落ちてくるかもしれないことも恐かった。道も狭いし、逃げ場はなし。

どれくらいかかるかわからないけど、西麻布の交差点を曲がれば、広尾に行けるはず。広尾からは、歩いて帰ったことがあるので、道がわかる・・・。
バスを待つのをやめ、歩き出し、西麻布の交差点に交番を見つけたときのほっとした気持ちといったら・・・!
「ここを、こっちに行けば広尾ですよね?」と、聞いたら、
「はい、そうです、広尾です」と、普通に答えてくれました。このことで、どれだけ安心できたか。交番のおまわりさん、ありがとう!本当に、(気持ちが)救われました。

赤ちゃんや小さいお子さん連れのお母さんたちにも、本当に救われました。みな、冷静でしたから。お母さんは、強い!※六本木〜麻布あたりは外人さんも多いので、言葉がわからない日本で予期せぬ大地震に遭遇し、さざかし心細かったことと思います。

広尾に着き、ホッとし、恵比寿ガーデンプレイスに向かう途中に、ぽつぽつと雨が。あぁ、雨に濡れると体力を消耗するなぁ・・・あ、ガーデンプレイスの横にセブンイレブンが出来たはずだから、そこでビニ傘買おう・・・と、思いつつ歩き、ガーデンプレイスの辺りで、渋谷区からのアナウンスが。
「同区内では、火災等発生しておりません」(こんな内容だったと思います)
これを聞いて、またほっとし、無事に家まで帰り着きました。

途中、どうしたものかと立ち止まっている人達多数。どこかに向かって、歩いている人達。犬を散歩に連れているおじいさん達も、結構見かけました←わりと、落ち着いている^^;ミッドタウンあたりでも、昭和一桁生まれと思われる男女のほうが、落ち着いていたような・・・。


家でネットに接続してみると、予想外の色々な状況。東北地方の方々の惨状が。。。そして、福島原発。
たびたび起こる余震にもバクバクしました。
※docomoのエリアメールの音もトラウマですね。鳴らないように設定出来るんですけど、当日〜翌日は、来たほうがいいかと、そのままにしておいた。

12日(土)は、コンビニ、スーパーともカップ麺、缶詰等、全て売り切れでびっくり。勿論、乾電池も。水道、電気、ガスは、どうなるのか、その時点では何もかもわかりませんでした。

その後、テレビ、新聞、ラジオ、ネット、twitter、どれが本当でどれが誤りなのか(故意、故意じゃない、善意からの発信に関わらず)情報を判断するのにまた具合が悪くなりました。
そもそも、ネットに繋げなくなったこともあり、その原因を調べ、判断するのにもまたバクバク。この時は携帯があって、良かったと思いました。ただ、ないならないで、それで判断していこうという気持ちにもなり、発見でしたけど(笑)

被害の状況が見えてくるたび、追い詰められていくような気持ちに。原発が一番気がかりで、その情報の錯綜具合に、また不安感が。
そんな中、あるサイトの情報を15日(火)に見たとき、もうこれを信じる。。。と、心が落ち着き始めました。
このblogでも、何度かご紹介していましたし、サイドバーにもリンクを貼ってある方の、現場からの状況、見解です。

「東北地方太平洋沖地震〜現場から」
http://homepage2.nifty.com/daiou/@InfoRegardingAllsite.htm

3月11日の地震発生のときから、1〜4に分けて、そして直近は昨日、更新されてます。
ご存知の方が、どれくらいいらっしゃるかわかりませんが、13年間サイトを運営、医学博士、理学博士でありながら、人命救助のため、被災地へ渡ったり(ありえないような不規則な生活をし)現場で実際に動き続けている方です。

※「2011年3月22日 現場から〜その8:放射線について」まで、更新されています。(2011.3.23追記)
※「2011年3月25日 現場から〜その10:縦と横の繋がり(2)」まで、更新されています。(2011.3.25追記)
※「2011年3月27日 現場から〜その11:最終回。先発チームとしての活動思い出」(2011.3.27追記)
   3月27日で最終のようです(原発関連もその5以降、その後の情報等で都度加筆されています)。
   以前、(このblogで)ご紹介した記事にリンクを貼ってくださいました。
※3月30日、被災地の方々からのメール等UPされてます。(2011.3.30追記)
※〜4月1日「一番多い質問から」 皆さんの質問に答えてくださっています。(2011.4.1追記)
※4月2日「読者さんの感想その1」 皆さんからのメールを紹介されてます。(2011.4.3追記)
※4月2日「問題解決能力のある人」 5日「命を賭けるって、いつもじゃない?」 6日「大病院でも、てんてこまい」
   7日「ベントの謎」 「読者さん感想その2」 (2011.04.07追記)
※4月8日「裁判所」「読者さん感想その3」 (2011.04.08追記)
※4月9日「メルトダウンが軽いか重いか」 (2011.04.09追記)
※4月10日「当時の回顧録メモ(四話目)」 11日「休みをとる」 12日「不在です」 (2011.04.12追記)
※4月19日「報告書が山ほど。これは大変…の真っ最中」 (2011.04.19追記)
※4月20日「ページ分けをしました。」(今までの更新分をまとめてくださってます) (2011.04.20追記)
※4月23日「海洋シミュレーション」 (2011.04.23追記)
※5月17日「メルトダウンを認めたニュース解説」 (2011.05.18追記)

被災現場の状況他、原発のことも当然書いてますので、色んな情報で不安な方は、是非読んでいただきたいと思います(1から読んでくださいませm(_ _)m 良いも悪いも正確に知るために)。
どうして、アメリカが80km圏外へ退避するようにと、言ったかの根拠も直近の更新で書かれています。※読めば、納得できる内容ですので。これが正しい、ということではない説明がされています。他の国がこういったんだから、という判断ではなく、正確に理解してほしい、ということ。
勿論、地震発生当初、(本人も)原発へ向かい、実際に関わっている技術者の方々は、死を覚悟して最初から動いていたことを書かれています。今現在も、原発で死を覚悟し動いている方々には、本当に頭が下がることは勿論です。

そんな中、リビアを米英仏等、爆撃を開始しました。
片方では、命を救えと言い、片方では、爆撃で命を奪っているんですよね・・・。
今更かもしれませんが、政治、経済と人命尊重はイコールではないと、今回はっきりわかりました。

ただ、日本の復興のために、経済が欠かせないのも事実です。
私達は、どうしたらいいのか・・・?
事実を語り(報道では私達一般人は知りえない)、私達に出来ることのヒントをくださってるのが、こちらも以前から何度かご紹介してますが、豊島逸夫さんのblogです。※ネットで知り合い、唯一実際にお会いしてお話したことのある方でもあります。

「日経マネーDIGITAL 金投資の情報コーナー」
http://blog.nikkeibp.co.jp/money/gold/

※同内容を(若干長短有り)、他2サイトに転載してらっしゃるんですが、ここが一番早くUPされるようですので。
  blogで追いきれない直近の情報は(世界情勢等)、twitterでも呟いてらっしゃいますので、そちらもど〜ぞ。
  http://twitter.com/jefftoshima

金投資というと、胡散臭いというイメージをもつ方もいらっしゃるとは思いますが、その事だけを書いているわけではありません(むしろ、それ以外のほうが多いです)。世界の動きを常に追って(この方も、いつ寝てるの?という動き方で)世界中、日本中動いていらっしゃいますので、生の情報が手に入ります(今回の、円高の背景もびっくり)。

上記お二人のサイト等を見ても、ピンと来ない方もいらっしゃるとは思いますが、人命救助、経済、とジャンルは違っても、世界レベルの観点から、日本のため、人のために実際に活動し続けている方々の情報だとご理解いただければと思います。
  

あまりに沢山の事がありすぎて、何を記せばいいのか、迷いながら書いたんですけど、今後、訂正があれば、勿論日付を記して訂正しますし、何かあれば追記、新たに記事をUP等できればしたいと、思っています。
なんかヘンだな?と、感じた方にはゴメンなさい、です。まだ体調が完全復活していませんので、判断能力が落ちているかもしれませんm(_ _)m
たまたま生きのびた命、自分の出来る日常を生きることも、日本のためになるのだと信じます。

ネット上で知りあった方々のおかげで、今回救われた思いがしたことが、何回もありました。
本当に、ありがとうございます。
血液検査の結果は、17日に聞きに行き、とりあえず何もなしでした。

※あ、interFMのDaveさんのラジオ放送にも、いっぱい救われました〜。ありがとうございます!
  interFMでは、色んな国々の方のための放送、tweetもしていますので、是非。
 
 http://www.interfm.co.jp/

http://twitter.com/InterFM761_JP




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011年3月11日(金)地震発生から、今までのこと:リンク先更新されてます(5/17) オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる