オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS Albert Lee @ Cotton Club 1/11 2nd観てきました:追記あり

<<   作成日時 : 2013/01/13 15:22   >>

トラックバック 1 / コメント 0

今年最初の更新は、ライブレポになりました。丸の内にあるCotton Clubに1月11日(金)2nd(開演21:00)、Albert Leeを観に行ってきました。

画像私が、Albert Leeを知ったのは、1979年12月4日武道館にEC先生のライブを観に行った時。「Just One Night」のライブ盤の音源になった12月3日の翌日ですね。

とにかく、EC先生よりギターうまいじゃん、誰これ?!と、びっくりして1stソロアルバム「Hiding」を、即効購入した記憶があります。

こちらのblogで、以前「私の50枚」というバトンを受け取ったとき(自分の好きなアルバム1ミュージシャン1枚限定で選ぶというもの)も、この「Hiding」をあげてあるぐらい凄いギターを弾く人だ!と、思ってました。
※「「私の50枚」バトン受け取りました〜」←該当記事です。2006年だったのにびっくり。笑。

画像Hiding: Albert Lee
※今は、「Hiding」と、名盤といわれCD化されていなかった「Albert Lee」の、カップリングCDとして発売されているようです。

1979年以来、Albert Leeを直接観ることができるなんて!と、いつもの友人は既にチケットをとっていたのを聞き、追加でとってもらいました。Cotton Clubの場所は知ってたんですけど、入るのは初めてなのでそれも楽しみ。自由席は、当日早く並んだ順に席がとれるということで、開場の40分前の7時20分に到着。12番で入れました。

Cotton Club」←公式サイトです

上記公式サイトで、会場の様子を見ることができますが、BlueNote TokyoとBillboard Live Tokyoの、中間のイメージでした。大きさはBlue Noteの半分ぐらいなので、丁度いいハコの大きさかな、と。
お店の人も、音楽が好きな人が集まっているのかな、というかフレンドリーでいい感じでした。丸の内だし敷居が高いイメージだったんですけど、むしろ他の2つよりいい印象を持ちました。

Albert Leeの指使いが見たいので、中央より右より前から二番目のテーブルにしました。
アンプは、Fenderのツインリバーブかな。キーボードは2つともYAMAHA。ギターが・・・?んん?なんだあれ。形も変わってるけど、ヘッドも?・・・MUSICMAN(ErnieBallと合併)のAlbert Leeシグネイチャーモデルでした。
Bassも、Musicmanのを使ってましたね。

MEMBER :
Albert Lee (g,key,vo)
JT Thomas (key,vo)
Will MacGregor (b,vo)
Jason Smith (ds)

あ、メンバーが出てきた・・・。9:00PM、時間ぴったりにスタート!
見た目は、髪の毛真っ白だけど、スタイルは全然変わってないし、相変わらずの大きな口の笑顔!
うわぁ〜、1979年12月以来、約33年ぶりにご本人を目の前に、ギターの音を聴けるなんて。。。(※ご本人は、日本に来るのは20年ぶりと言ってました。)
始まった・・・!うわー、変わってない!全然、変わってないですよ。この音。このピッキング。あの和音とアルペジオの同時演奏(?!)※途中、もう一人ギターがいるのかと、見回してしまったほど。笑。

上手いなぁ。バックのドラムとベースの人も、めちゃくちゃ上手いし、ピアノの人もあんなにノリながら陽気にきっちり弾けるなんて凄い(外見は、イギリスの映画に出てくるおっちゃんみたいでした。笑。)!

Albert Leeの声がよくて、びっくりしました。昔よりキレイな声になってるし、歌も勿論上手くなってました。途中2曲ほど、ピアノを弾きながら歌ったので、それもびっくり。しかも上手い・・・あれ?ギター弾く人って、あまりピアノは上手くない人が多いんだけど・・・と、Wiki先生を見てみたら、元々7歳からピアノを弾いていたらしいですね。

アルバート・リー」(Wiki先生のページ。詳しく色々載ってます)

もう、声のキレイさとメロディの美しさにうっとりでした。
ギターを弾きながら歌うときの角度が、丁度ピッタリだったせいもあるとは思いますが、こっちを見てたので何度も目があい、見つめ合ってましたよ、えぇえぇ(嬉)←思い込み?笑。はにかんだような笑顔が少年のよう。。。

ただ、ソロを弾く時にマイクスタンドよりちょっと奥に下がるので、譜面台に左手が隠れるのが、惜しかった。でも、ハイポジションからローポジションまで、自在に動くので、全体的には良く見えました。
ローズウッドのネックなのに、きちんとした音が出てるなぁ、と思ったら、1本使用なんですね。

ミュージックマン“アルバート・リー”シグネイチャーに2ハムバッカー仕様のNEWモデルが登場!」←デジマートのページです

11日2ndは、お客さんも良かったせいか、弾いているほうもどんどんノッてきて、テンポも速いし、大丈夫かなぁと思うほどで、弾きまくっているという感じでしたね。※他の3人のメンバーも、凄かった。特に、ピアノの人!笑。
Cotton Clubの公式サイトに、10日1stステージの動画がUPされてますが、明らかに11日2ndのほうが凄い演奏でした。

Gram Parsonsや、Emmylou Harris、Ray Charlesの曲をやります・・・、という説明で演り始めていたので、曲名はほとんど、わかりませんでした。※勿論、オリジナルも演ってるんですよ〜。

ある曲の最後のほうに、突然EC先生の「Layla」の前奏が入ったのには笑いました。前に、一緒に来たんだよ、という含みだったんでしょうか。笑。

そして、最後に、「Country Boy」改めて聴くと、難しいリズムだなぁ。。。あ、間違えた。笑。ご本人達も、笑ってました。もう、終わったときには、汗だく、完全に圧倒されてました。凄すぎる。
アンコールの拍手に、戻ってきて、もう1曲やってくれました。嬉しい。

1943年12月21日(英国)生まれ・・・69歳の声とギターとは、とても思えませんでした。やばいです。
流石「Guitar player's guitar player」。
今回、1月10日〜13日(日)4日間連続2ステージを、あのテンションで弾けるのか・・・?!
昨日12日(土)には、昼間ギター・クリニックも開催してたようですし。←習っても、絶対あんな風に弾くのは無理だと思われ。笑。
あそこまで、弾きまくってくれるギタリストを目の前で見たのは、初めてかもしれません。

※ピーター・バラカンさんは、10日2ndに行ったようですね。
 12日のギター・クリニックの後にインタビューをしたそうで、Barakanbeatで、オンエアしてくれるようです。
※2月10日(日)に、オンエアするそうです。                          (2012.02.09追記)
※オンエア聴きました!凄い。1時間半もインタビュー&話に出た音源も流してくれました。
 今まで知らなかったこと(勿論、殆どの人は知らない)、秘蔵話し満載。
 EC先生とは、Cream結成前から知り合いだったこと、「Just One Night」絡みの話。
 二度と聞けないであろう話が、いっぱいでした。
 ピーターさん、本当にオンエアしてくれて、ありがとうございます。 (2013.02.22追記)

Albert Lee」←公式サイトです

Albert Lee(Facebook)」←Facebookです。

※2013年EC先生のCrossroads Guitar Festival, Madison Square Gardenにも、出るようですね。

今日13日(日)2ステージを残すのみですが、ギター小僧の皆さんは、絶対観たほうがいいと思いました。学生割引もあるみたいですよ。
客層が、若いサラリーマンが多かったのが、意外でしたね。
ライブ後、サインして写真も一緒に撮ってくれるので、並んでいる人も多かったです。笑。

33年ぶりに同じ人を観て、ギターの音を聴けたというのも(しかも、ウマい)、なんだか感慨深いライブでした。また、日本に来てほしいなぁ("See you next time!"って、言ってたし!)&また、このぐらいのハコで演ってほしいです〜。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Albert Lee @ Cotton Club 6/14 2nd(2014) 観てきました
昨年1月に、33年ぶりに観ることのできたAlbert Lee。あの時"See you next time!"って、言ってくれてまた来てほしいなぁ、とblogにも書いてたんですけど、本当に(しかも今年)来てくれるとはっ!と、いうことで、いそいそと昨年と同じ場所、丸の内にあるCotton Clubに6月14日(土)2nd(開演20:00)、Albert Leeを観に行ってきました。 ...続きを見る
オクターブの共鳴音
2014/06/17 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Albert Lee @ Cotton Club 1/11 2nd観てきました:追記あり オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる