オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京タワーろう人形館に行ってきました:1(1/2)俳優〜その他〜ミュージシャン

<<   作成日時 : 2013/08/26 21:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あの有名な東京タワーにある蝋人形館が、今年の9月1日(日)で、閉館してしまうということで、久しぶりに行ってきました。ミュージシャンの蝋人形があるのは、音楽好きな方にはよく知られていますね。笑。また、写真を撮りすぎてしまったので、厳選ピックアップでお届けします〜。25枚を二つに分けてUPします。

画像東京タワーろう人形館

東京タワーろう人形館は1970(昭和45年)に開館しました。展示されているろう人形は、ろう人形館発祥の地、ロンドンの工房から直輸入したものです。
2001年にリニューアルし、「20世紀を飾った人たち」をテーマに国内外で活躍した人物が追加されています。中でも宇宙開発事業団の協力を得て製作された、毛利衛さん・向井千秋さんは人気があります。
さらに、世界中のろう人形館でもここにしか展示されていないロックミュージシャンのろう人形は必見で、CDの販売もしています。ろう人形を見ることは、あなた自身の歴史を思い起こさせることになるでしょう。ろう人形館でタイムトリップしてみてはいかが?

※東京タワー蝋人形館は2013年9月1日(日)をもって営業を終了させていただきます。

※上記リンク先 東京タワー公式サイト内該当ページより


画像まず入口を入ったところに
「マリリン・モンロー」
※「七年目の浮気」
は、すぐわかったんですけど、お隣は

「Madonna」・・・?
ちゃんと確認してきませんでした、すいません!

以下、映画の人達は、写真だけ撮って説明を見てませんので〜。

画像「三船敏郎」
※「椿三十郎」かな?

「ブラッド・ピット」
※「セブン・イヤーズ・イン・チベット」???

「マーロン・ブランド」
これは、「ゴッドファーザー」ですね。

「ジェームス・ディーン」
※「エデンの東」?

画像思いっきり美しく目立っているのは、
「エリザベス・テーラー」
※「クレオパトラ」ですね。
 
何故か後ろに、「猿の惑星」の
ジーラとコーネリアスが!

横にちらっと見えているのは、
「マレーネ・デートリッヒ」だと思うんですけど。。。

画像「オードリー・ヘップバーン」
※「ローマの休日」

「ジョン・ウェイン」
※「黄色いリボン」

「シャロン・ストーン」
※「氷の微笑」

ちらっと左に見えているのは
「ジョディ・フォスター」
※「羊たちの沈黙」だと思います〜。

画像「吉田茂 元首相」

正直、最初目に入った時、
本当に、人がいるのかと思って、
ギクッとしてしまいました。笑。

画像「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

「モナリザ」

あまりに有名ですけど、立体化されているのが斬新です。

画像「アインシュタイン」

なんだか、目がこわい・・・!

画像「マハトマ・ガンディー」

「マザー・テレサ」

「ダイアナ元妃」

「アンネ・フランク」

画像「The Beatles」

今年、Paul McCartneyが来日するということで、
音楽系番組や雑誌等では、
あれこれ、盛り上がってますね。

画像「Jimi Hendrix」

これは、かなり良くできてると思いました〜。
大好きな、Jimiくんですので、きっちり見てきました。笑。


小さい時のトラウマ、拷問シーンの数々は、囲いの中に入れられてあり、ほとんど見ることは出来ないようになっていました。声・音付きだったんですよねー。今の時代、子供によくないということで、こうなったんでしょうか・・・?でも、小さい穴から覗くので、もっと陰惨な感じが・・・^^;

さて、次からいよいよ、全くわからないドイツプログレに突入です〜。
どなたか、ご存知の方、いらっしゃいましたら、誰なのか教えてくださいませ〜 。。。

→2へ、続く。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京タワーろう人形館に行ってきました:1(1/2)俳優〜その他〜ミュージシャン オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる