オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 聴きたい音楽(41)RyCooder「Pull Up Some Dust And Sit Down」

<<   作成日時 : 2016/06/29 19:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりの聴きたい音楽、またRy Cooderですけど。笑。2012年8月に、このアルバムより後に出た「Election Special」をご紹介してるんですけど、持ってるのにどうしてちゃんと聴いてなかったのかなぁ、と思ったら発売が2011年だったからだと気づきました。3.11が起きた年、何もかも変わり、悪いことが続き、どうにもならなかった時期でした。
きっかけは、RY Cooderがtwitterで、イギリスがEUを離脱する投票をした後の6月25日、
song for the Brexit votin' cats Ry Cooder - Lord Tell Me WhyPull Up Some Dust And Sit Down

と、tweetしたからでした。ジャケットは見た記憶があるのに、曲を聴いた記憶が全くなかったので、あれ?っと、思って聴いてみたら、詩の内容がいいのと(かなり辛辣なものも含め)、Ry Cooderの歌(声)が凄くいいので、5年前のアルバムですけど、UPしようと思いました。

画像Pull Up Some Dust & Sit Down

1. No Banker Left Behind
2. El Corrido de Jesse James
3. Quick Sand
4. Dirty Chateau
5. Humpty Dumpty World
6. Christmas Time This Year
7. Baby Joined the Army
8. Lord Tell Me Why
9. I Want My Crown
10. John Lee Hooker for President
11. Dreamer
12. Simple Tools
13. If There's a God
14.No Hard Feelings

全曲Ry Cooderのオリジナルで、Flaco Jimenezが入ってるのも嬉しいし、ドラム等息子さんのJoachim Cooderが入ってるのも前の通りで、曲調は色々、Ry Cooderらしいものであふれています。
さらっと聴いても、あ、と思ったのが11,12,14曲目の、ゆったりした曲で歌うRy Cooderの語りかけるような声の良さでした。今まで、ギター大好きと思ってたけど、歌でひっかかったのは、このアルバムが初めてです。特に最後の曲は、あれ?Ry Cooderって、こういうメロディーライン、作ったかな?歌ったかな?という、とてもロマンティックというか切ないもの。惚れなおしてしまいました。
※あれ?よくよく見たら、Amazonの曲名には14曲目が入ってない?何故?

ところが、ブックレットの歌詞(英文)を、読んでびっくり。辛辣な内容がほとんどでした。Amazonレビューで、皆がいいと書いてるので買ったけど、買って損した、と言ってる方がいますけど、多分英文を読まない人なんでしょう。怒れるオヤジと、書いてる人もいて、まさになんですけど、政治や金融や社会の仕組みに怒りまくってます。
※twitterでも、いつも怒ってるんですけど、動物がお好きなようで、可愛い動物の写真をRTしたり、どうも日本語もかなりわかるようで、日本のtweetをRTすることも多々あります。
でも、生まれ育ったLA、アメリカを愛しているからこその怒り、ふりまわされる(世界中の)名もなき普通の人々への共感からの怒りであるのが、よく伝わってきます。

う〜ん、解説していいのか迷うほど辛辣なものが多いです。銀行のこと、共和党のこと、戦争のこと、経済の混乱のこと。6曲目は、曲名と曲調だけ聴いてるのと全く違う内容なので、ひっくりかえります。

うむむ、と思って聴いていると、10曲目、私の好きなJohn Lee Hookerもろなギター弾き語りのブルース、めちゃカッコいいです。そして11曲目の"Dreamer"みたいな曲が、突然入ってきて、ほっとしたり。※日本車がお嫌いなようですけど、この詩の内容も凄く意外で、凄く好きなんですけど。。

こんなにいいアルバムだとは、思っていませんでした。ただ、レビューに書いてる方がいたんですが、「若い耳には届かない」。そうかもしれないです。詩の内容を理解しないと、良さがわからないかもしれませんが、曲として聴いてもRY Cooderらしいアルバムだと思います。そういった意味では「My Name Is Buddy」等、詩の内容を理解しないと、良さがわからないのは(特に後年のアルバムは)、そうかもしれませんね。自分も含めて(苦笑)。※どうしても、音楽主体で、聴いてしまうので。

Ry Cooder@obon_city https://twitter.com/obon_city ←twitter公式アカウントです

廃盤になっている昔のいい音楽、キューバの昔の音楽等、youtubeを貼ってtweetしてくれる時もあるし、日本のメディアでは流さないような、政治、経済系のニュース、昔のLAの写真をUPしているアカウントのRT等、今まで知らなかった内容が沢山で、私はかなり好きです。※辛辣なものが多いので、そういうのがニガテな方は?かしらん?

もうすぐ、Ry Cooder&David Lindley 1979年のライブ盤がでますね。そちらも、楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聴きたい音楽(41)RyCooder「Pull Up Some Dust And Sit Down」 オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる