Topの写真を更新:23作目「Spring Shade」

画像
昨年や一昨年よりは暖かくないですし、桜もお花見にはまだまだですが、いよいよ「春」ですね。

今回は、ぱきっとあざやかなビタミンカラーではなく、
暖かくなり始めた頃の、なんともぼんやりした気候に似合うやさしい色合いの花々を使います。

花材:バラ(マジックシルバー・リトルシルバー・サンデーフェーマ・サリー)・ライラック・スカビオサ

今回も花瓶への投げ入れでスパイラルに活けます。

「どんなものにしますか?」と、先生に聞かれ、

「きゅっとつまった感じのラウンドでフレンチ風にしてみましょうか・・・?」などと、言っておきながら
できあがったものが、写真のアレンジです。

「こ、これは・・・・・・・言ってたのと全然違う・・・。・・・・・でも、好きだなぁ、こういうの。部屋にかざっておくんだったら、こういうのがいいなぁ~・・・・・!」

と、先生が言ってくださったアレンジです(笑)

力がいい具合に抜けているアレンジで肩がこらない、といいますか・・・。
一眼レフのカメラで覗かせてもらったんですが「一枚の絵のようですよね?」と、言われてみると
そういえば、そんな感じ・・・?

う~、どうも昔からの癖で、何か作品を作るときに、無意識に「絵を描くときのアングル」で
作ってしまうようなんですが、言われてみて自分自身初めて気がつきました。

ライラックって、あまり見かけませんが、香りもいいしやさしい雰囲気。
スカビオサも大好きな花。
ふわ~っと、もやのかかったような薄明かりの下で見るイメージの花も素敵ですね。




この記事へのコメント

2005年04月02日 20:51
こんばんは^^。やさしいお花ですね。色も雰囲気も。いつも写真はオクターブさんが撮ってらっしゃるんですよね?光の感じもすごくキレイ。周りの空気もやさしく見えます。
2005年04月02日 21:00
みんちさん、こんばんは^^。
写真は、先生が撮ってくださるんですよ。やさしい雰囲気でしょ?
先生のアトリエが、そんな雰囲気なので、
活ける人間と、花と、空間が反応して、こういう作品になっているような気がします^^。
2005年04月03日 16:32
まいど~もん。
>先生が撮ってくださるんですよ。
そうでしたか^^。花への愛情がさらに作品を素敵に見せてくれているんでしょうね。
2005年04月03日 19:58
どうもです~。
え~っと、全てのものが総合して、こういう作品になる、と解釈していただければ、と。
「花」は生きているので、活けてに反応しますね。
それを見て、撮るのは、また撮る人の感覚。
それらを総合して、一つの作品になるという感じ。
だから、同じ作品を複数の人が撮れば、それぞれ違った作品になるんですよ。
なので、私の作品を先生が感じ捉えた写真、という表現が一番的確かもしれませんね。

この記事へのトラックバック