「フィギュア誕生30周年 海洋堂フィギュアワールド」に行ってきました:3(3/3)

前記事の続き、ヴィネットシリーズをもうひとつ。

画像「北斗の拳
世紀末救世主伝説
バイオレンスヴィネット」

と、いうわけで上段真ん中が「ひでぶ」の状態のやつですね。笑。

こんなシリーズが、あったとは!

画像『新世紀エヴァンゲリオン
エントリーカプセルシリーズ
第壱集「使徒、襲来」』

目を惹きますね~。体のバランスが元々普通と違うので、そのせいもあるんでしょうね。

画像ここからは、少し大きめにつくられたジオラマが、展示されていました。

「エヴァンゲリオン 3号機 対 初号機」

個人的には、初号機のみがっつり作ったのが見てみたかったです~。

画像「超人ハルク と スポーン」

これは、箱の中に入ったように作られているもので、遠近感とも凄い迫力でした。
よく出来てますよね。

画像「ガメラ 対 ギャオス」

おなじみですね。
これも、ビル群とのバランス、ギャオスの浮遊感とも秀逸でした。

画像『メーサー殺獣光線車
(映画「サンダ対ガイラ」より』

これを、見た瞬間、おもわずニンマリしてしまったんですが、通りかかった若いカップルが「何これ、全然わかんな~い」と、話してました。笑。まぁ、そうでしょうね。

そういう私も、最初キングギドラの時に出てくるやつだったかな?と、思ってしまいました。このシーンでかかる音楽は、すぐ浮かんできたんですけど。大笑。

画像「岡本太郎アートピース集
~光の饗宴~
カプセルQ ミュージアム」

さてさて、お楽しみのガチャなわけですが、今回はこれにしました。

映画「宇宙人東京に現る」のパイラ星人って、岡本太郎デザインなんですよね。
太陽の塔といっしょのも、いいなぁ。
どうせなら、光るバージョンがいいし・・・。
1回400円なので、1回だけにかけてみました。
何が出たかというと・・・・・

画像「黄金の顔」

太陽の塔の顔の部分でした~。

マグネットがついてるので、写真は冷蔵庫にくっつけて、撮ったものです。

画像「LEDで発光しているところ」

横にスイッチがあり、点けたり消したりできるようになってるんですが、最初点けたとき、あまりの明るさにびっくりしてしまいました。

直視出来ないほど、明るいんですよ。
なんか、凄い。

入口から展示されている順にご紹介してきたわけですが、最後のゾーンが、このガチャが沢山並んでいるコーナーで、いくつもやっている方々も、沢山いました。

今回、この催事に行ってみて意外だったのは、若いカップルや、ヲタな方々は勿論、60代以上の男女の方々が多かったこと。多分、皆さん、技術系というか美術系の方々だったのだと思われます。
「メーサー殺獣光線車」も、ご夫婦で、見て話し込んでる方々もいらっしゃいました。笑。

形を、そのまま模倣して作るのではなく、それ以上のものを立体化して作る。。。どれだけ、技術の他に”想い”が、こもっているのかと思います。

いえ、本当に今回観に行ってよかったと思いました。
見逃した方は・・・次回があるのかどうかわかりませんが、職人気質の方々の作る造形物を、実際に見ることの出来る機会を、次こそお見逃しなく!

海洋堂さん作に、限らず、素晴しいフィギュア係のものは、このblogで9年にわたり(!)色々upしてありますので、そちらもご興味があればブログテーマ「おもちゃ テレビ アニメ」等から、ご覧くださいませ~。



この記事へのコメント

2013年05月15日 23:30
世代的にエヴァンゲリオンとかは全然分からないのが悲しいですが、「ひでぶ」状態は分かります。ウケました。
オクターブの共鳴音
2013年05月16日 07:06
あ、エヴァンゲリオンはご存知ないですか?私も、部分的にしか見てないんですけど、初号機が暴走する、という発想がおもしろいな、と。

北斗の拳は、皆さんご存知なんですね~。「ひでぶ」だけ、私もすぐわかりました。笑。

この記事へのトラックバック

  • ガメラ:渋谷東急にてGWに海洋堂展開催 2013/05/07

    Excerpt: 「 /05/04 」にてお知らせしましたように、 GW中の5月2日(木)から本日7日(火)まで、渋谷東急東横店西館にて、 海洋堂の展示会、「フィギュア誕生30周年 海洋堂フィギュアワールド」が開催され.. Weblog: ガメラ医師のBlog racked: 2013-05-14 15:36