平成がもうすぐ終わる・・・なんだか、ピンとこない

天皇陛下崩御とともに、元号が変わってきた中で、天皇陛下退位とともに、新しい元号「令和」を、迎える今回。なんだか、ピンとこない。笑。

昭和の最後の思い出といえば、SONY Shopで、ビデオデッキ(VHS)を計らずも購入したこと。壊れたので、買ったわけですが、まさか昭和最後の日になるとは、思いもしなかった。昭和64年1月7日のことでした。

新しい元号は「平成」です。と、見た瞬間から、イヤな予感がした。こういうのをつけると、逆に波風ばかりがたつような。
平成元年7月に、私の母が、突然亡くなった。癌だったけど、わかってから亡くなるまでが短かったので、突然という感覚。あれから、自分のイメージしていた人生が、変わってしまったような気がする。

あぁ、そして2011年3月11日東日本大震災。これで、また人生が変わった人は、多かったと思います。

私にとって平成は、ただ、通り過ぎるのを待っていた時代のよう。だから「令和」には、むしろ物事が良くなるイメージがある。

平成に始めたことで、良かったのは、blogとtwitterで、ネットの世界に繋がったことかしらん?そのおかげで、世界中の色んな人と、お話できるようになった。これは、凄いことだと思う。

もうすぐ令和元年5月1日を、迎えるわけですが、どんな新しいことが起きるでしょう?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック