志村けんさんが、新型コロナウィルスで亡くなった

新型コロナウィルスの騒ぎが、いつ収まるかなぁ、と先月の記事をUPしたわけですが、何と、昨日、志村けんさんが、その新型コロナウィルス感染で、亡くなったことを知って、何とも言えない気持ち、悲しさがこみ上げてきました。

絶対、治るだろうと思ってたし「だいじょうぶだぁ」と、言ってくれるだろうと思ってました。

「本人も、こういうことで死ぬとは思ってなかったと思います」という、事務所の方のお話。私も、そう思ってました。志村けんさんみたいな人が、こういう事で死ぬことは絶対ないだろうと、思ってました。

ドリフターズ、大好きでした。いつも、笑わせてくれました。一番後に入った、志村けんさんは、一番、若かったはず(70歳)。

「8時だョ!全員集合」は、PTAから、見てはいけない番組になってたんでしたっけ?確かに、今だと放映できない内容だったかな?と。それを、劇場生放送で、演ってたんですよね。渋谷公会堂で演ることが多かったかな?

「だいじょうぶだぁ」「変なおじさん」「バカ殿」「とんでもねぇ、わたしゃ神様だよ」

おばあちゃん役も、面白かった。ブラックユーモアのジャンルに入る?のかな。
タブーになるところを、思ってるけど言えないことを、笑いで共感してたというか。

音楽に対しても、もの凄く造詣が深かったのも、忘れちゃならないところです。
元々、ドリフターズは、音楽バンドのコントだったんですよね。※皆、楽器を弾ける!
ブラックミュージックに、特に、着目してたし、取り入れていた。

311の時も、特番の放映で、笑わせてもらいました。
あの時、どうにもならない緊張状態の時、笑わせてくれた志村けんさん。

今も、新型コロナウィルスの緊張状態で、だからこそ、絶対、治って、笑わせてくれると思ってました。
亡くなったなんて、信じられない。

人を、笑わせることができるって、もの凄い才能を天から授かったのだと思います。

とても長い間、どんな時も、笑わせてくれてありがとう。
安らかにお眠りください。

この記事へのコメント