テーマ:絵本

「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」文:古田靖 文庫に!ナウルその後も読める

8月も今日で最後ですね。今年は、最後1週間ぐらい涼しくなったので、ちょっと体が楽?いつも9月に入っても暑い日が続いていたのに、こんなに8月中に涼しくなったのは、何年ぶりでしょうか?10月でも半袖が当たり前のようになってましたけど、今年は長袖を着るようになるかしらん・・・? と、いうような夏の終わりにおすすめ(あ、いつ読んでもいいん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ふしぎの国のアリス」を読んでみよう!本3冊ご紹介/翻訳版・英語版・Pop-upBook

ジョニー・デップの「Alice in Wonderland」を、もうご覧になった方も多いでしょう。3Dが話題ですけど、監督ティム・バートンとジョニー・デップの作品という意味でも、ご覧になった方も多いと思われます。そういう私も、後者の理由で見たいなぁ、と思いつつまだ見てません^^;題材も好きなものですし、見に行きたいとは思ってるんですよ^…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「谷川俊太郎質問箱」著:谷川俊太郎 装画・挿画:江田ななえ←味わいのある本です

ブックマークしておきながら、あまり覗いていなかった「ほぼ日刊イトイ新聞」発、私の大好きな谷川俊太郎の本が出版されたというので、内容をパラッと見てみたら・・・これは、買いだ!と久しぶりに即購入してしまいました。 この本はwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された「谷川俊太郎質問箱」(2006年3月~2007年1月)がもとになって…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「アホウドリの糞でできた国ーナウル共和国物語」文:古田靖は必読!:追記あり

1月28日(金)付けの読売新聞朝刊、2面に載っていた本の広告.。 「アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語」 アホウドリの糞でできた国・・・・・?何それ?そんな国ってあるの?しかも「税金ゼロ・学校・病院はタダ。食事はすべて外食。国民は誰も働かない・・・。」と書いてあるじゃありませんか! 石油が出るアラブの国々より裕福・・・・…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

谷川俊太郎とポール・クレー

「ニューヨーク・グッゲンハイム美術館展に行ってきた」 で、触れたポール・クレーと谷川俊太郎のことについてちょっとだけ(笑) 前のblogでも書きましたけれど、谷川俊太郎の詩集 「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」青土社 の中に「ポール・クレーの絵による「絵本」のために」 という詩が何篇かあるのですが、その詩のインパ…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more