テーマ:アート

「メディチ家の至宝」@東京都庭園美術館に行ってきました

お天気のいい土曜日に、緑の多い場所に行きたくて、東京都庭園美術館に行ってきました。改装後、初めてです。 日伊国交樹立150周年記念 「メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画」 2016年4月22日(金)–7月5日(火) 会場:東京都庭園美術館(本館・新館) 会期: 2016年4月22日(金)&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侮れないガチャガチャ「コップのフチの太陽の塔」←この発想はなかった

お久しぶりの侮れないシリーズです。以前twitterでRTされてきたのを見て、「なんてシュールなんだ。これ、ほしい」と、思ったガチャガチャ。渋谷PARCO PART1 6Fのシブポップ(シブヤポップカルチャーマーケットと、いうんだそうです)で、みつけてしまいました。 「コップのフチの太陽の塔」 コップのふち子さんとかは、知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅赤レンガ駅舎復元完成!ベンチアートin丸の内 が楽しすぎ。

ほんっとうに久しぶりに、丸の内辺りに行ってきました(4ヶ月ぶり以上?)。体調が悪いうえに天候にも左右され(?)、何故だか行けない日々・・・。 久しぶりに行った丸の内辺りは、人、人、人。こんなに人が大勢いる丸の内を見たのは、初めてかも。オフィス街としてだけではなく、一般の人にも来てもらうように、ビル改築、改装を重ねてきたわけですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想「ほつれ髪の女」@Bunkamuraザ・ミュージアム観てきました

このblogを始めてから3度目のレオナルド・ダ・ヴィンチになります。以前レスター手稿を観に行った時に(2005年だったことにびっくり)、一目見て気に入り、購入したポストカードが、この「ほつれ髪の女」だったんですが、現存しているとは思わず、まさか逢える日が来るとは思っていませんでした。 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』←公式サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大英博物館 古代ギリシャ展」@国立西洋美術館を見てきました

大分すずしくなり、日差しはあっても真夏の暑さとは違い、秋めいてきた今日この頃。チケットを持っていたので「恐竜展」に行こうと、上野に行ってみたら・・・「90分待ちで~す」と呼び込みのお兄さんが・・・予想していたとはいえ、ここまで待たされるとは思いませんでした^^;・・・で、急遽、こっちも見たかったんだよなぁ、とギリシャ展に入ってみました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「皇帝の愛したガラス」国立エルミタージュ美術館所蔵@東京都庭園美術館を見てきました

チケットを持っていながら、暑いときに行きたくないなぁと、9月になるまで待っていたんですけど、結局33度の真夏日になってしまった昨日、東京都庭園美術館に行ってきました。※目黒のSUN祭りもやっていたので、目黒川沿いは混んでましたね。 国立エルミタージュ美術館所蔵 「皇帝の愛したガラス」 2011.7.14(Thu) - 9.25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香川/高松~岡山/倉敷1:イサム・ノグチ庭園美術館へ

今年は、遅めの夏休みで、どこに行こうか迷いに迷った挙句、香川~倉敷に行ってきました。沖縄は天気が悪そうだし、北海道・旭山動物園は混んでるというし、高松市牟礼にあるイサム・ノグチの自宅兼アトリエを、美術館として公開しているのを知っていたので、そこに行くのを一番の目的として・・・・・あ、もちろん讃岐うどんもですけど(笑)・・・決めました。高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年のカレンダーもJimiくんがカッコいい^^

今年も、もう11月。早い~。そろそろ来年のカレンダーを探す時期になりまして、この間渋谷TOWER RECORDに行ったとき、上の本屋さんで輸入版のカレンダーを売ってるのを思い出し(ここは、場所柄(?)音楽ものが他より沢山おいてある)、物色していたら・・・いいのがありました~^^。 今年も、Jimiくんをフューチャーしたカレンダーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

假屋崎省吾の世界@目黒雅叙園(昭和の竜宮城ー百段階段)をみてきました

目黒雅叙園で毎年、假屋崎省吾さんが花の世界を披露していたのは知っていたんですけど、今回は華道歴25周年記念特別企画ということで、目黒雅叙園のなかでも、期間限定でしか公開しない、国の登録有形文化財指定「百段階段」での花の饗宴ということで、みてまいりました。 雅叙園の入り口を入ったところに、まず大きな作品がありました。 丁度行ったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼:緒形拳「Mishima A Life In Four Chapters」(日本未公開作)を観る

最近の日本映画はほとんど観てないんですけど、昔のものはよく観てました(勿論、洋画も)。緒形拳・・・また一人、名優が亡くなってしまいました。まだ71歳だったのに。 緒形拳(Wiki先生)といえば「砂の器」「復讐するは我にあり」あたりが有名ですよね。 中学2年のとき、学校で皆で観に行く映画が「砂の器」だったので、強烈に憶えているんで…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ジョン・エヴァレット・ミレイ展 ←”オフィーリア”他、美しい女性達にウットリ^^

美術館チェックをしていて見つけたこの展覧会。あの「オフィーリア」の実物が観られるなんて!初めて見た瞬間からその恐いような美しさが目に焼きついていたもので、絶対に観なくては、と行ってまいりました(笑) 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」 2008年8月30日(土)~10月26日(日) 場所:Bunkamuraザ・ミュージアム(渋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスが夢見た日本-陶器に写した北斎、広重/オルセー美術館コレクション特別展

ず~っと気になっていたんですけど、暑いしどうしよう・・・と、思っていた当展をやっと見に行ってきました。テーブルコーディネートをやっていたことがあるので、日本の昔の絵画に憧れ絵を写した西洋食器があり、そしてそれがありがたがられていたことを知っていたし、柿右衛門様式のは見たことがあるんですけど、今回のものは初めてなので楽しみにしていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルビーノのヴィーナス」ウフィツィ美術館の至宝 古代からルネサンス美の女神、大集結

天気もよくますます春めいてきた昨日、上野にヴィーナス(女神)たちを観に行ってきました。 「ウルビーノのヴィーナス」 場所:国立西洋美術館(上野) 期間:2008年3月4日(火)~5月18日(日) 休館日: 月曜日(ただし、4月28日、5月5日は開館、5月7日(水)は休館) 「古代からルネサンス美の女神の系譜」 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷LoftにThe Blues Brothersが出現^^!

暖かいですね~&買うものがあったので渋谷に行ったわけですが、渋谷Loftの1Fのいつもシーズンごとに色々と置くものが変わるスペースを見て、びっくり! The Blues Brothersが!!!(笑) ここは、いつもシーズンものを販売するスペースなんですけど、今はトラベリングショップ(5月31日(土)まで)で、空港に見立てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田記念館 - 日本近代洋画の父 黒田清輝の足跡

ふとしたことから、よく行く上野の美術館あたりに、黒田清輝の記念館があることを知り他の企画展をみるついでに、行ってみました。 「黒田記念館」 東京都台東区上野公園13-43 公開日:木・土曜日 午後1-4時 料金は無料なんですけど、上記のように、木、土曜日のみ午後1~4時の開館なので事前に予定を組んで行ったほうがいいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立ロシア美術館展 ロシア絵画の神髄 ←素晴しい!

美術展チェックをしていた時に目につき、これは行ってみなくては、と思っていたものです。同展のイメージカラー「赤」が非常に印象的なんですけど、ロシアの人は赤を好むようですね(共産主義だから、という意味ではなく)。 「国立ロシア美術館展 ロシア絵画の神髄」 東京都美術館[上野公園] 2007年4月28日(土)-7月8日(日) 午前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像 「受胎告知」観てきました

行きたいと思いつつ、なかなか行けずにいた本展にこの間やっと行ってきました。「受胎告知」をみるために、数時間並ぶ・・・・・と、いうウワサ。並ぶのが嫌いな私、本展公式サイトで待ち時間の少ない時間帯をチェックして行ったのでまずまずじっくり観ることができました。 「レオナルド・ダ・ヴィンチ - 天才の実像」 場所:上野 東京国立博物館 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ダリ回顧展」と「ウィーン美術アカデミー名品展」へ行ってきました

実は、もう大分前に行ってきたんですけど・・・う~、今一つだったのでUPしようかどうしようかと^^;昨日だか一昨日だか入場者数30万人突破ということで、しょこたんが記念品授与みたいな記事をみたので、やっぱりUPしておきます。 ←なんなんだ 「ダリ回顧展」生誕100年記念 2006年9月23日(土)-2007年1月4日(木) 午前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『横浜人形の家』 各国民族人形~人間国宝作「生き人形」~現代作家作品まで

3日の文化の日に横浜に行ってきました。※中華街での買い物の様子は、もう一つのblogにUPしてあります。 山下公園の近くにある横浜人形の家は、オープン時1986年~2006年3月(?)まで、館長が兼高かおる(TV番組「兼高かおるの世界の旅」で有名)だったのですが、その当時にも一度入ったことがありました。そして、その後を受け館長が石坂浩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jimi Hendrixのカレンダー2007年版はカッコいい

そろそろ来年のカレンダーを買わなきゃなぁ~、とぼちぼちは見ていたんですけど、これだ!というものがなく、輸入もののブーケの写真とか、風景写真とかでまぁいいかぁ・・・・・と、半ば諦めかけていた、今日この頃。 昨日恵比寿~渋谷へ行き、いつもの通りTOWER RECORDへ寄ったときに、そういえば上の階に洋書と一緒に、毎年カレンダーも置い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ベルギー王立美術館展」巨匠たちの400年 見応え十分!

毎年、この時期は色々な展覧会が開催されますが、どれにしようかな~と。 ルーベンスの名画が出展されているということで、「ベルギー王立美術館展」に行ってきました。 ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ベルギー王国が世界に誇る同国最大の美術館です。15世紀のいわゆる初期フランドル絵画から20世紀、さらには現代美術にいたる絵画や素描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本太郎記念館へ行ってきました~明日の神話

以前、「BlueNoteあたりの青山の風景」という記事でふれた、青山にある岡本太郎記念館に行ってきました。ここは、1996年、八十四歳で亡くなるまで、岡本太郎のアトリエ兼住居であり1953年から五十年近くも彼が生活した空間でもありました。 2003年9月、永らく行方がわからなくなっていた岡本太郎作の巨大壁画「明日の神話」がメキシコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ルーヴル美術館展」古代ギリシア芸術・神々の遺産を観る

大好きなギリシャ彫刻を観られる~!と、いそいそと行ってきました。カタカナで書くときって「ルーヴル」なんですよね・・・最初「ルーブル」って書いてました^^; 「ルーヴル美術館展」-古代ギリシア芸術・神々の遺産- 東京藝術大学 大学美術館(上野公園) 2006年6月17日(土)~8月20日(日)9:30am~17:00pm …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「プラド美術館展」スペインの誇り 巨匠たちの殿堂へ

プラド美術館展に、行ってきました。 人気のため、会期が延長になったようです。 「アモールと音楽にくつろぐヴィーナス(ヴィーナスとオルガン奏者)」 ティツィアーノ → 「プラド美術館展」 東京都美術館 (開館80周年記念) 2006年3月25日(土)~2006年7月2日(日) 9:00~17:00 月曜日休室 ”…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ロダンとカリエール」世紀末に生きた創造者たちの手と精神

この季節は、色々な展覧会をやっているので、何を観に行こうか非常に迷うところなのですが、大好きなロダンはやはり見ておこうと、国立西洋美術館に行ってきました。 「ロダンとカリエール」 2006年3月7日(火)~6月4日(日) 国立西洋美術館 休館日:月曜日 ロダンを好きというのは、作曲家でベートーベンが好きというぐらい勇気が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イサム・ノグチ展 「 エナジー・ヴォイド」を感じる

イサム・ノグチの名前を知ったのはいつだったかな・・・・・ 「日本人とアメリカ人の間に生まれ、太平洋戦争がおこり、日本とアメリカの2つの国の間でアイデンティティに苦しんだ」ということを何かで読んだときから、その作品を見てみたいとず~っと思っていました。 どこかで見ることはできないものかと、ネットで検索してみたら、香川県の牟礼(むれ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

巨匠 デ・キリコ展 異次元の森へ迷い込む時

巨匠 デ・キリコ展 2005年10月6日(木)~25日(火) 大丸ミュージアム東京(大丸東京店12階)     1974年「不安を与えるミューズたち」  → ダリ、タンギー、マグリッド等のシュールレアリストたちに大きな影響を与えたデ・キリコ。 美術の歴史に残る著名な芸術家のなかで、形而上絵画ーメタフィジカーの旗手、ジョ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ展「レスター手稿」日本初公開を体感!

大好きなレオナルド・ダ・ヴィンチ展とあり、これは何が何でもいかなくてはと、思っていました。 しかも毎年世界で一カ国一回しか公開されないという「レスター手稿」を見ることができるという! 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 直筆ノート「レスター手稿」日本初公開 場所: 森アーツセンターギャラリー     (六本木ヒルズ森タ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「ベルリンの至宝展」に行ってきた 面白いものがいっぱい?!

ヨーロッパ最大級の規模と質を誇るベルリン国立博物館群のコレクションから「聖なるもの」をテーマに、先史時代から19世紀までの人類の歴史を代表する文化財を厳選してご紹介いたします。 世界遺産・博物館島「ベルリンの至宝展」 2005年4月5日(火)~6月12日(日) 東京国立博物館 平成館(上野公園) と、いうわけで行ってみるまで…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「踊るサテュロス」葡萄酒と享楽の神バッカスの従者ーイタリアの至宝をみる

ギリシャ神話を題材にとった作品はだいたい好きなんですけど、それプラス私の好きな古代ギリシャ彫刻とあっては、これは観に行かなくては!と、いそいそと行ってきました。 『踊るサテュロス』は、1998年にイタリア南部シチリア島沖で、漁船の網に掛かり、2000余年の眠りを覚まし、奇跡的に発見された古代ギリシャのブロンズ像だそうです。 …
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more