オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Red、White&Blues」を見た!(THE BLUES Movie Project)

<<   作成日時 : 2004/09/24 17:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
前述「THE BLUES Movie Project」の中の一つの映画です。

吉祥寺バウスシアター
8/28〜9/10   「Red、White&Blues」

だったので、上映はもう終わってしまったのですがWOWOWで放映したようで
ビデオにダビングしてもらったものを観ました(友人に感謝!)

ECやThe Rolling Stones、The Beatles 等、ブルースがなければ生まれてこなかった人たちが、ブリティッシュとブルースとの関わりを語ります。それ以前のブリティッシュのミュージックシーンの話も興味深いです。

BBKingは「白人がブルースを広めてくれた。それがなければ、俺たちは一生陽があたることはなかっただろう」と、言います。The Rolling Stonesが全米ツアーで、マディ・ウォータースの偉大さを語った時、アメリカの人たちは誰もマディのことを知らなかったそうです(ウソみたい!マディとミックの二人が歌う映像あり。キースとロンもいる?!ミックが若い〜!)
ブリティッシュのミュージシャンたちは、黒人のブルースを崇めていたのにアメリカでは誰も気にとめていなかったんですね。
BBKingが最初にブルースマンとして認めた白人は、ジョン・メイオールそして、Cream(EC先生、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの最強トリオバンド)だって、言ってましたね〜。EC先生のブルースに対する思いが、こんなにすごいものだったのかと、この映画をみて知りました。

ジェフ・ベックが一番最初に手にしたギターは11,2歳の頃、どこかの手作りの2本弦のものだった!(でも、音は良かったらしい)。アルバート・リーは9歳ぐらいの時ホーナーの???なやつ。米国のは高くて手が出なかったということみたいで^^(アルバート・リーはEC先生のJust One NightのLiveの時、見てるんですけど、すごく変わってしまっていてびっくり)。

その他にも、スティーブ・ウィンウッド(前述Derek and The Dominosの前にEC先生がいたバンド「Blind Faith」のKey、Voの人。「Can't Find My Way Home」が有名)、ミック・フリートウッド、ピーター・グリーン、ヴァン・モリスン、トム・ジョーンズ等が、歌いながら、ギターを弾きながら、色々な事をかたります。

馴染みのある音楽のルーツがBluesにあることを知るために、非常にいい映画だと思いました。

「吉祥寺バウスシアター」
今後の「THE BLUES Movie Project」の予定はこちらでご確認くださいませ〜。
上の写真は、この劇場で配っている「中央線BLUES MAP」です。
色々なイベントがあるみたいですね。
高円寺「JIROKICHI」では、9/23、24と
あの「ウエストロード・ブルースバンド」のボーカル、永井”ホトケ”隆+吾妻光良や鮎川誠等の方々によるLiveがあるみたいです。(そういえば、山岸どうしたんだろう〜?(笑))

※中央線BLUES MAPに載ってる、高円寺のお店を2つご紹介
  「JIROKICHI」
  あまりに有名なライブハウスですね。
  「Auviss」
  知る人ぞ知る、音楽レアもの&映画レアものを扱うビデオ屋さんです!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお〜ッ、んな映画があるんですね☆ なんか懐かしい面々がズラズラとー・・・  オレも先日Wowowでやってたとかいう、「ECライブ/ワンモア・カー、ワンモア・ライダー」とかってのもろたんですが、まだ観てない・・・^^;。 (休みくれ〜)
でも、確かに最近ブルージーなん、再燃してるかも知れませんねぇ^^。 ECも活発だし。
でもベックって「ブルース」なんだろーか?? 理論知らんのに「コンディミ」弾くこと自体がアウトロー  爆々ヽ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)ノ
アモン
2004/09/26 16:05
おぉ〜、アモンさん!まいど!
そのECライブ、私もわかりません〜!(このビデオをくれた友人がEC好きなので、聞けばわかるかな?)この映画は、期待以上でしたよ。意外なことが満載でした。ジェフ・ベックはトム・ジョーンズの歌に合わせてギターを弾くんですけど、カッコ良かったですよ^^。トム・ジョーンズも何であんなに声量がある上に上手いんだっ!って感じでしたし。確かにベックの曲だけ聴くとブルースには感じられないけど、ルーツは(弾き始めは?)ブルースにあるみたいですね。あと、この映画で紹介されてた、Sister Rosetta Tharpe っていうおばちゃんがエライギターも上手いうえに歌もカッコ良くてすごかったんですよ〜。(最初見た時、歌江ねえちゃんかと思ってしまいましたけど^^;)
オクターブの共鳴音
2004/09/26 21:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「Red、White&Blues」を見た!(THE BLUES Movie Project) オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる