オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Soul Survivors」Live at Blue Note Tokyo

<<   作成日時 : 2005/08/04 18:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
8月2日(火)、青山Blue Noteに前回聴きたい音楽でご紹介した「Soul Survivors」を見に行ってきました。First Stageです。

昨年は、六本木ヒルズでやるはずだったのが回転ドアの事故で中止になり、BlueNoteにも出演しなかったので、Liveを見るのは2年ぶりになります。
大分、お歳を召していらっしゃる方々なので(笑)、今回で最後か?!などと思ってもいたもので、絶対に観に行かなくてはと心に決めておりました(笑)

Guitar:Cornell Dupree
Bass:Chuck Rainey
Drums:Buddy Williams
Sax:Ronnie Cuber
Keyboard:Les McCann

いつもは、始まる前に客席やカウンターで飲んでいたりするんですけど、
今回は、皆さん出てきてないですね〜。
あ!Ronnie Cuberだけいる〜!・・・・・・・また、太っている・・・太りすぎ(苦笑)
あ!Chuck Raineyだ!・・・・・ステージに何かをチェックしにきたようです。変わってないですね。
7時からの開演にあわせて、皆さん出てきました。

Cornell Dupreeは・・・・あれ〜?何か体調悪そう・・・?この暑いのに冬に来る時と同じ服装です(笑)いつも、ベージュのパンツとジャケットなんですけど、今回もそうですね。

Buddy Williamsは・・・エディ・マーフィーの映画で特撮で太った状態から痩せさせるみたいな話がありましたよね?あの、太った状態のフィギュアのようでした(笑)Tシャツもチョコレートかなんかが付いてるのを着てましたし(笑)

Les McCannも・・・・・また、太っている・・・(苦笑)

さて、唐突に演奏が始まったら・・・・・・凄い!ミストーンなし!タイミングのズレなし!
Cornell Dupreeの絶妙の「間」もそのまま。でも、汗をしょっちゅう拭いて、息が苦しそうだし、途中で倒れてしまうのではないかと思ってしまいました(笑)
Ronnie Cuberのサックスもいいっすねぇ^^。
Chuck Raineyはいつもどおりの、ノリの良いベースを弾いています。
Les McCannも、弾き始め、呻り始めると抜群のノリのよさです。
Buddy Williamsも、前回よりタイトなドラムを叩くようになってました。違和感ないです。
(バーナード・パーディーや、前回きたRickey Sebasutianのほうが、いいんですけど(笑))

も〜う、さすがプロの集団という感じですね。

「Next・・・・・・We'll play・・・・・・・・・・・・・・・・"something"・・・」 ←(観客 大笑)

Cornell Dupreeが一応、MCやるんですけど、ほとんどこれでした(笑)
何にも決めてなくて、適当にはじめても、演り始めるとちゃ〜んとキマッテルんですよね。
あ〜、スバラシイ。

今回は「Bop'N'Blues」からは、何もやらなかったですね。「Freedom Jazz Dance」をやってくれるのを期待していたんですけど。

King Curtisと一緒にやっていた時代の「Soul Serenade」は演ってましたね。
あとは、う〜ん・・・「Mercy、Mercy、Mercy」も演ってました。

とにかく、全てまとまっていました。 ←ある意味、いいのか悪いのか(笑)
CDにすることができる演奏といいますか(笑)

終わったあとも、Cornell Dupreeはすぐひっこんでしまったので、やっぱり今回も話しかけることはできませんでしたね。Ronnie CubarやLes McCannは、いっつもお姉さんたちと話し込むんですよね。今回は、Chuck Raineyも、(知り合いなのか?)1グループと話し込んでました。

来年も、きてくれるしらん?
見た目はあれれ?でも、演り始めるとプロの技をお持ちの方々なので、来てくれるかな?
・・・・・・・・・そうしたら、また観に行きます(笑)

ライヴ・アット・フィルモア・ウエスト」 ←King CurtisのCDです



ライヴ・アット・フィルモア・ウエスト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私は、結局、行けませんでした(泣
8月10日納品という非常識な納品日で
泣いております。
>来年も、きてくれるしらん?
来てくれ〜!!!

>とにかく、全てまとまっていました。 ←ある…
多分、目つむってても、半分寝てても
この人たちは、しっかりまとまるのだと思います(笑
BustaCat
2005/08/04 22:02
BustaCatさん、こんばんは。
あらん、行けなかったのですね。8月10日納品・・・何故(涙)
>多分、目つむってても、半分寝てても
この人たちは、しっかりまとまるのだと思います(笑

ホント、そんな感じでしたよ。羨ましいぐらいです(笑)
やっぱり一流は違いますね。
CornellDupreeの「間」相変わらずでした。スバラシイ!
他の方々も要所要所で技をいれ、それが楽にやっているのがわかるので、これまたスバラシイ。
来年こそは、是非!(笑)
オクターブの共鳴音
2005/08/04 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「Soul Survivors」Live at Blue Note Tokyo オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる