オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS いい音を堪能「Kunio Kishida」Live@クロコダイル

<<   作成日時 : 2005/11/24 17:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ギター屋さん「Nancy」のオーナーである、岸田さんの「Alabama Boy」レコ発Liveツアー、大阪〜名古屋の後、東京場所は(笑)渋谷クロコダイルでしたので、昨日(11月23日)行ってまいりました。

今回のギターは、元オールマン、ディッキー・ベッツ使用のLPスタンダード’59をメインに使うということで、楽しみにしてました。他にもマッスルショールズのレコーディング時に使用したST’54も使用するとのこと!
アンプは「Nancy Sound(ジンキーアンプ)」を使用。←Nancyオリジナルアンプです

ドラムスの藤岡博志さんは、Nancy渋谷店店長の仲さんに、似てる方です・・・(笑)


今回のメンバーは、Keyboardに近藤房之助&His Bandの小山英樹さんが参加。やっぱり、めっちゃ上手いです。と、いうか私の好みなのかなぁ。
クラシックをやってたのではないか?と、思わせるキータッチの美しさと力強さと、聞かせどころをわかってらっしゃるメリハリのあるピアノ&オルガンでサイドをがっちり固めている感じです。
※11月22日にはBluesAlleyJapanでご本家でのLiveがあったようですね。



そして、ベースにはJerryさんがアメリカから来日参加。
ブレンダー・リーのバックを長くやってた方です。(歴史の先生でもあるらしい?!)岸田さんのアルバム2枚ともに参加しており、彼がいなかったらマッスルショールズでのレコーディングはありえなかったと、岸田さんがお話してました。前回新宿で見たとき以来なのですが、ノリが良く心地よく響く音が相変わらずスバラシイ。ベースが小さく見えますでしょ?とっても大きな方なんです。でも、笑顔が可愛らしくて、くまさんのヌイグルミのように愛らしいJerryさんです。(最後に握手をしたら、大きくて厚い手でした(笑))
今回、岸田さんとのコーラスでかなり声を出してたんですが、とてもキレイな声をしてらっしゃるのにもびっくり。外見からくるイメージとは随分と違う声なんですね〜^^。日本にも、もう何度も来てるので「(ボケの後に)なんでやねん!」とか、関西弁のネタも身につけてらっしゃいました(笑)

さて、今回の「音」ですが、最高でした。
ディッキーさんのLPstd’59は、本当にいい音がしますね〜!皆さんに聴いてもらえないのが残念、と言いたくなるほどいい音で、聴きほれてしまいました。
ST’54も勿論いいのですが、やっぱりディッキーさんのLPstd’59が、もう・・・・・・・・・(涙もの)
※世界中を旅し、クリスティーズのオークションにも出たことのあるこのギターが
  岸田さんの元に来たのは、前作「南水」を録音中のマッスルショールズ。歴史のあるギターです。
このギター使用の有名曲といえば、The AllmanBrothersBand時代の「Brothers and Sisters」に入っている「Jessica」ですね。
そしてLiveでも、このギターでJessicaをやってくれたんですが(途中まで(笑))、も〜う、音がそのままの音の瞬間があるんですよ〜。学生時代、外国ミュージシャンとどうやったら同じ音が出るんだろう?と、色々エフェクターを試したりもしたことがあるんですが、要するにギター次第なのだと教えてくれたのが岸田さんです。いいギターは、アンプに直接繋いだだけで、いい音が出るんですね、ははは。

ドラムの藤岡さんも、曲調にあわせて色々と叩き方を変えたりと、岸田さんのオリジナル曲に良く合うドラミングをされてました。各々のパートの方が、他の人達の音をちゃんと聴きながら合わせているのがわかり、非常にいいメンバーで構成されているんだな、というのがうかがえます。「Bloomfield’s Shuffle(マイケル・ブルームフィールドに捧げるシャッフル)」では、皆さんかなり気持ちが入ってしまったらしく、最後の方ではドラムの藤岡さんがスティックを飛ばしてしまう力の入り具合で、メンバーで顔を見合わせて笑っているというシーンもありました(笑)30分の休みをはさんだとはいえ、2時間35分も楽しそうに笑いながら演奏し続けるなんて信じられないですよ!すごい体力というか、気力というか・・・・・(笑)
今回は、最後にNancy渋谷店店長の仲さんも、初のテレキャスターで参加(普段はご自分のバンドTejasでZZTop完コピをやっている)。何を弾くのかと思っていたら・・・・・突然岸田さんに「Crossroads」と言われてしまい、一瞬焦った表情が・・・(本当はタルサタイムと、言われていたらしい(笑))でも、言われるままにアドリブ3パターンを弾きこなし、岸田さんとのギターのかけ合いも仕掛けられ(ほぼちゃんと弾いてたんですよ)、いじられキャラの仲さんでありました(笑)

この後も仙台、郡山等でLiveがあるようなのですが、
詳しいスケジュールはこちらから→「Kunio Kishida Live Schedule

12月にも東京でLiveをする予定があるようですので、興味のある方は足をお運びくださいませ!

※ここのところ、うつうつとしていたのでいい気分転換になりました。ははははは・・・・・←疲れてる
  私は、やはり「音」に反応してしまうようです。blog名にも「音」をつけてますけど(笑)
  ギターの音、ピアノの音、ベースの音
  ・・・・・・・ベースはリズム感というかノリにも反応してしまいますね(笑)
  人の声・・・・・いい声の人は男女ともに本当に羨ましいです。妬ましいといってもいいほどに。
  今回は、いいギターの「音」が聴けて久しぶりにほわん、とした気分になれました(笑)

                  Amazonで「Jessica」の視聴ができます
                            ↓



Brothers and Sisters

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いい音を堪能「Kunio Kishida」Live@クロコダイル オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる