オクターブの共鳴音

アクセスカウンタ

zoom RSS トリノ・エジプト展-イタリアが愛した美の遺産-ツタンカーメンを観てきました

<<   作成日時 : 2009/09/22 10:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像いつ行こういつ行こうと思っていたトリノ・エジプト展に、連休の初日19日(土)に行ってきました。

トリノ・エジプト展
場所:東京都美術館
期間:2009年8月1日(土)〜10月4日(日)
開室時間:午前9時〜午後5時(入室は閉室の30分前まで)

トリノ・エジプト博物館は19世紀、ナポレオンのエジプト遠征に従軍し、フランスのエジプト総領事となった外交官でエジプト学者のベルナルディーノ・ドロヴェッティの収集品を中心に創設されました。本店では、同博物館のコレクションを初めて日本で紹介します。大型彫像やミイラ、彩色木棺、パピルス文書、ステラ(石棺)など選りすぐりの約120点が一堂に会します。現地トリノでは、米アカデミー賞受賞美術監督ダンテ・フェレッティによる、照明と鏡を駆使した彫像ギャラリーの演出が注目を集めています。日本でも、現地の演出法を取り入れ、2メートル級の大型彫像をドラマチックに演出します。
同展パンフレットより

エジプト・・・というと、何となく惹かれてしまうのは私だけではないはず(笑)それに、ツタンカーメンといえば、懐かしい・・・・・という記憶がある方もいるのでは?(笑)ツタンカーメンのミイラが日本に来たとき、それを観るために長蛇の列ができた、という遠い記憶があるんですけど、それはTVでみた記憶なのかもしれません。そのツタンカーメンの彫像が見られるらしい・・・?
それと、今回映画の美術監督が演出をしているということで、見せ方も楽しみにしていました。

混んでるだろうな〜、でもこの時間なら結構大丈夫かなぁ、と午後3時ごろ着いたんですけど、入室に10分待ちでした。
※上記リンク先展覧会公式HPで、待ち時間がどれくらいかを見ることができますので、事前にチェックして行かれるのをお薦めします。因みに、昨日は16時の時点で入室2〜30分待ちだったみたいです^^;

第1章 トリノ・エジプト博物館
第2章 彫像ギャラリー
第3章 祈りの軌跡
第4章 死者の旅立ち
第5章 再生への扉

と、5つのゾーンに分かれて展示されていました。
見所は、やはり上記写真の「アメン神とツタンカーメン王の像」でしょうか。門外不出だったそうです。そのほかにも、大きな彫像があるんですけど、圧巻です。
画像それと、動物の顔を持つ神様たちの存在を皆さんもご存知だと思うんですけど、その彫像たちがとても魅力的でした。

写真は同展で購入した葉書を写したものなんですけど、左からハヤブサの小像、トキの小像、ジャッカルの小像です。
ジャッカルの顔を持つ神様といえば、アヌビス神ですね〜。冥界の神ですけど、映画にもよく登場しますよね。ハムナプトラにも出てました。
トキの小像も可愛かったですよ。
その他にも、猫の顔を持つ神様もキュートでしたねぇ(笑)
最後のゾーンに、その神様達の説明を一覧にしたものが展示してあったんですけど、あれ欲しかったなぁ〜(笑)

死者の旅立ちゾーンでは、ミイラを見ることができます。子供のうちに亡くなってしまうことも多かった当時、子供のミイラを造り、美しく飾り立てたという話が子供のミイラとともに説明されていました。
木棺は、流用されてしまう(?)こともあったという事実にもびっくり。※要するに、誰かのミイラが入っていたのを、他の誰かのものに使ってしまうということ。では、それまでそこに入っていたミイラは、どうするんでしょう・・・^^;?

なかなか興味深い話とともに、小さい展示物も多く、じっくり見られればいいんですけど、混んでいる会場内ではそれもできず、覗き見るというかんじで会場を歩き、ちょ〜っと疲れてしまいました。楽しみにしていた演出方法も、そんな混んだ会場では今ひとつ実感できず、それも残念。でも、最終日まで混み続けることが予想されますので、平日に行くことの出来る方は、そうすることをお薦めします〜。

今回、愛蔵版チケットとして、山岸涼子のイラストによるものもあるんですけど、お土産物コーナーにもイラスト葉書セットや、単行本も売られていました。
ツタンカーメン (1) 」「ハトシェプスト―古代エジプト王朝唯一人の女ファラオ」「イシス (潮漫画文庫)」等、山岸涼子をお好きな方なら、エジプトもの作品を描いてらっしゃることをご存知ですよね。私も、ハトシェプストを読んでいたものですから、本展を見るときに参考になりました(嫡男はアメンホテップを継ぎ、妾腹の子はトトメスを継ぐとか)。

エジプト好きな方も、そうではない方も、本展をお見逃し無く!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オォ〜行かれましたか!
ツタンカーメン。。。惹かれますね〜♪
死ぬまでに一度あの黄金のマスクを見てみたい!!
そしてスフィンクスの先にあるケンタッキーで
フライドチキンを食べてみたい!(笑)

それにしても木棺を流用していたとは!
そんなところでエコらなくても良いのに。。。ボソ


ジャック
2009/09/23 22:07
ジャックさん、どうもです〜。やっと行ってきました。
ツタンカーメンって、謎の多い王様で、名前を抹消されている記録も随分とあるみたいですね。

>死ぬまでに一度あの黄金のマスクを見てみたい!!
>そしてスフィンクスの先にあるケンタッキーで
>フライドチキンを食べてみたい!(笑)
全く同意でございます〜^^!

木棺流用は、ええっとびっくり。しかも、女性用のに男性のが入っていたりと(蓋の絵からそれがわかるらしい)、なんだかな〜という感じでした^^;
空いているのがわかっていれば、もう一回じっくり観てみたいんですけど、多分無理だと思われ。。。山岸涼子のマンガを、また読みたくなってしまいました(笑)
オクターブの共鳴音
2009/09/24 06:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリノ・エジプト展-イタリアが愛した美の遺産-ツタンカーメンを観てきました オクターブの共鳴音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる